てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

<   2013年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧

出所はこちら
'結婚前夜’オク・テギョン”理想型?自信がある女性”(インタビュー)
d0020834_16555469.jpg

この世界の誰よりも幸せでなければならない結婚式一週間前、生涯最悪の瞬間を迎えた4組のカップルの波乱万丈なマリッジブルー(結婚を控えた人々が経験するようになる心理的な不安並びにストレス)を描いた映画「結婚前夜」が公開した。作品は多くのこれらの共感を導き出して、ボックスオフィスの上位を占領した。

キッチン 'を演出したホン•ジヨン監督と「私の妻のすべて」「あなたの初恋探します」を製作したロマンチックコメディの名家秀フィルムの出会いで製作段階から関心を集めた。ここにキム•ガンウ、キム•ヒョジン、チュ•ジフン、イ•ヨニ、オク・テギョン、マ•ドンソク、クジャル、イ•ヒジュン、コ•ジュンヒ、チュ•ジフンなど華麗なマルチキャスティングでより期待感を高めた。

2PMメンバー オク•テギョンは今回の映画を通しスクリーンに挑戦状を差し出した。映画作業は初めてなだけときめきもして面白さもあった。前にドラマ「ドリームハイ」「フーアーユー」などを通し、安定的な演技を見せたオク•テギョンは「結婚前夜」でシェフウォンチョルとして扮し目新しい魅力を発散した。

▲実際の性格「無愛想」
d0020834_16595395.jpg

結婚を考えるには多少若い年齢。しかし、彼は結婚がそんなに遠いと思ってはいなく、そうした乖離感は少なかったと打ち明けた。ストーリー自体が面白かったし、何よりもエンディングが気に入ったといった。劇中ウォンチョルは、長い期間出会った恋人ソミに「結婚は同志愛で生きること」という言葉を吐き捨て無関心な男だ。しかしそれ位一番現実的なキャラクターでもある。インタビューのためにアジア経済と会ったオク・テギョンは彼を完全に理解していた。

※かいり=乖離は、もともと1つであるべきものや本来近い関係のものが、離ればなれになっていることや、結びつきが離れた状態になっている、という意味

「今まで引き受けた役の中では私と一番似ていると思います。私は多くの面でウォンチョルと似ていて、結婚観も似ています。平安で友人のような結婚生活は、誰でもが望む事ではないでしょうか?火のような愛はできるけれど、結婚は恋愛とはちょっと違うんじゃないですか?そのような火が消えてから一緒にできる約束をするのが結婚だと思います。」

案外成熟した回答である。結婚に対した幻想よりは、現実を見つめる目を持っていた。実際オク・テギョンは、ガールフレンドに非常に多情多感な性格は望まないと告白した。

「私が元来ちょっと無愛想です。もちろん、よくしてくれた時はよくしてあげるけれど、愛という細心な表現を上手くできないようです。そのような面でもウォンチョルと似ています。"

▲愉快だった現場
d0020834_1725272.jpg

相手役として呼吸を合わせたイ•ヨニは非常に楽だった。最初は親くなるのが難しいか心配もしたけれど、いざ会ってみるとイ•ヨニがあまりにも大ざっぱだったそうだ。

「とても楽でした。同い年だから、年代が合って同質感というべきかな。そんなこともあって、近づくことが他の人とは違っていました。普通は、撮影しながら親しくなったけれど、ヨニみたいな場合は、撮影に入るときからすでに親しくなっていたんですよ。演技しながら二人ともすごく努力したんです。」

撮影期間中、オク・テギョンは、複数のスケジュールを消化しなければならなかった。だから、映画にだけ集中できなかったのが事実。イ•ヨニやスタッフたちに申し訳なかった。自分のスケジュールに相当な部分を合わせてくれる人に感謝する気持ちが入って大変なそぶりをする暇もなかったと説明した。現場はいつも愉快でおもしろかった。

「マ•ドンソク兄さんが本当に面白かったです。スタッフたちとも皆楽しくしてましたよ。グジャル姉さんは韓国語を本当に上手で平素には韓国語で会話しました。私がロシア語を学ばなければならなかったためにずっと聞いてほしいといったんですよ。愉快に撮ったようです。 」

▲演技は私の人生の原動力
d0020834_175598.jpg

歌手活動と演技を並行することは簡単なことではない。しかし、彼が時間があるごとに演技をする理由ははっきりとある。

「演技は私にある私を活動させる原動力です。マンネリにおちないようにする大きな役割でしょう。演技ということは他の人を表現する事じゃないですか。私ではない他の人を私としてどのように表現するかが面白いみたいです。」

「結婚前夜」を撮影しながら、 1つのエピソードもあった。ソミのファンタジーでプロポーズするシーンがありますが、この時、魔術(マジック)をしなければならなかったこと。手際よくしなければならなかったけれど練習する時間がとても短かった。

「魔術を六時に学んで八時に撮影しました(笑)急に教えてもらって撮影したけど大変だったんです。以前に魔術を軽く学んだことがあるけど素質はないみたいです。それでも画面上ではうまく出てきたようでよかったと思いました。」

「結婚前夜」に登場するキャラクターたちは、非常に多様だ。 4組のカップルが登場するほど個性がはっきりした数名の人物が出てくる。特に女性キャラクター達が魅力的だ。自己主張が強く、仕事も恋も一生懸命する人物だ。もちろんウォンチョルの相手ソミは、結婚のために仕事をあきらめなければならない状況に置かれもする。実際のオク•テギョンの理想はどうなのか。
d0020834_17125945.jpg

「女性の方々に各者の魅力があるでしょう。私は自分の意志を分明に言えて、自信があるる女性がいいです。考えてみればそんな方々から魅力を感じていたようです。 」

▲未来に対した準備

オク・テギョンは今年高麗大学国際大学院国際経営学科に入学した。彼が大学院に進学することになった事は、アフリカ奉仕活動の影響が大きかった。

「一昨年にアフリカへボランティア活動に行って、その人達を見て、我国との生活の質が異なっていることを感じたんですよ。貧しく暮らしていても幸せだって言ったんですよ。些細なことに有り難いって、長い間、真の幸福というのは何なのかを思い浮かべながら私の影響力と私の名前でできることについて考えるようになりました。だから、大学院も進学することになりました。 」

最後にオク•テギョンは、自分の人生の方向に対しても打ち明けた。

「人間オク・テギョンの生活で残念な部分は多いですね。芸能人をしていなければ楽しめたことがもっと多かっただろうと思いました。今は(平凡な生活を)あきらめました。しかし、芸能人が不安定な職業だと見て見ると、将来に対した考えをせざるを得なかったんですよ。今後10年、20年後を考えながら正確に計画を立て、そこに歩調を合わせて進んでいきたいです。一所懸命に生きることしか方法がありません。ハハ。」
[PR]
by chikat2183 | 2013-11-30 17:17 | 2PM翻訳記事 | Comments(0)
出所はこちら

歌手兼俳優オク・テギョン”彼女いなくなって4年目。去年お見合いしたけれど…”
d0020834_16335534.jpg

”焦燥感はないが確かに善意の競争はあるようです”
グループ2PMのメンバーであり俳優オク・テギョンが最近度重なるアイドルグループメンバーの演技挑戦に率直な心情を明かした。

前に’シンデレラのお姉さん’’ドリームハイ’などTVを通し演技に出ていた彼は公開中のオムニバス映画’結婚前夜’で生涯初のスクリーンに挑戦した。最近MBLAQのイジュンがキム・ギドク監督師団の映画’俳優は俳優だ’で強い印象を残し、BIGBANGのTOPが’同窓生’の主演を任された。

このようなアイドルの演技競争に対しオク・テギョンは”実際"2PMはアイドルグループではない。当初からパフォーマンスグループだった。競争意識もあり取り残されたくない心が大きいがペースを失わず演技に集中することが重要なようだ”と落ち着いて話した。

-映画は初めてだという覚悟が格別なようだ

いつも新しい挑戦をするときには緊張します。実際は以前に’シンデレラのお姉さん’をやる時に”やるのはいやだ”と言いました。何故ならば怖かったんです。実際映画も同じみたいです。どれだけ恐怖に勝つのかが重要な事のようです。’結婚前夜’はオムニバスものだと分量に対した負担感は減ってもう少し楽に撮ることができたようです。劇中(イ)ヨニと7年間恋愛したカップルとして出るんですよ。88年生まれで同い年で楽に撮影しました。

-’オムチナ’という別名もある。何よりも大きな事件や事故がなかった。

何か行動をするときごとに自然に両親が浮かび上がってくるようです。’両親が(息子を)自慢できるだろうか?’ってです。どうしても両親が私に関心を持っていらっしゃるので、一挙手一投足が記事化されるじゃないですか。まずまずならば、両親に失望させることを作りたくないということが大きいです。

-家族が気になる

うーむ…団体(旅行)にペアTシャツを着て旅行へ行く家族です。ハハ。私は家ですごくつっけんどんな方です。27歳の姉がいるんだけど、姉はすべてのことはいつも一歩前に出ています。勉強も運動もあらゆる面すぐれているんです。姉は本当にかわいくないんです。ハハ、平凡です。姉にいい影響を沢山もらったようです。現在会社に通っているけど家族項目に私を抜いたんですよ。いない弟として フッフッ。だから周辺の人たちはオク・テギョンが本当の弟だと思っていないんですって。

-劇中7年目の恋愛カップルとして出ていますが実際恋愛は?

かなりたってしまった事みたいです。一人になって4年目です。昨年見合いを1回したけどだめでした。外国に住んでいて私のことを知らない人でした。

※소개팅=お見合いというほど重たくはないですが、紹介によって男女が1対1で会うこと。
NEVER国語辞典によれば[명사] 누군가의 주선으로 남녀가 일대일로 만나는 일.
[名詞]誰かの推薦によって男女が1対1で会うこと。

d0020834_17251673.jpg

-理想型は?彼女に対した期待があれば?

リストがあります。生活しながら一つずつ浮かんでくるたびに’理想型として1つあればいいなあ’と言いながら
書いておきました。まず、食べ物に好き嫌いしなければいいです。私が甚だしくよく食べるので一緒に楽しむことができないならば残念です。そして英語は少し話せたらいいです。どうしても韓国語よりは英語表現がたやすいときがあります。そうしてみるとニュアンス的なことを英語で表現する事が多いってことですよ。二世のために乳児教育を学べばいいし…ハハ。背は168cmくらい?あまりにもすごいことを言うって?ただの理想型じゃないですか。

-恋愛スタイルは?

一言で定義できます。恋愛には小心で仕事には物怖じしない。仕事はやたらに広がるけど、恋愛は簡単ではないみたいです。最近私が物おじせずに行動したことの中の一つがキャラクター事業です。猫のキャラクター事業でですが、事業構想も面白かったし、何かイベントを広げることもよかったです。何よりそばで助けてくださる方も多かったです。

-’結婚前夜’でイ・ヨニと呼吸はどうだった?

平安だったようです。同い年で早く親しくなって互いに演技部分などに対し対話をよくしましたよ。とにかく他人の人生を演技することじゃないですか。何であるかを表現するために緊張することはほかのことをするときも同じことらしい。互いに頼りあいながらたくさん努力して演技しました。
d0020834_21211186.jpg

-2PMメンバーで歌手オク・テギョンは?

長くやりたいです。海外活動が多くなってみると韓国活動をもっとやりたい’とそんな感じも強いです。遠征競技とホーム競技の差異だと言おうか?ハハ。歌手と俳優の中でどっちがいいことなのか選べないみたい。単にアルバムとミュージックビデオなどを準備しながら歌手という作業に対した魅力を十分に感じるようです。反面演技はまだ魅力を感じられなかったでしょう。もちろん歌手側もアルバムを作っていきながら繰り返し新しい面白さと魅力を感じるけど今まで探索ができなかった演技はずっと発見していくことが宿題らしいです。

-身体管理はどうやってするの?

露出がある時特別に準備するくらいです。毎日できないでしょう。(笑)必ずお願いすることはあります。身体管理が必要な作品がある時は1か月前くらいには知らせてほしいです。1か月ならば十分に可能なんです。

-新しく挑戦したい分野があれば

特別に学ぶことはないけれど、してみたいことならば後輩をプロデュースすること、監督すること等々。ラジオDJもやってみたいです。今回映画をしながら作曲に挑戦してみたほど粘り強くやりたいです。最近バラエティーを通し運動を多くするじゃないですか。私が球技種目だけ除外すればみんなうまいんだけど…水と関連したことはみんな上手いです。

-今年がいくらも残ってないけれど…
個人的には子供の時から親しくしていた友達が今回ドイツへ行くことになったです。それが残念で…今年1年頑張って活動したくらい、来年にも歌手、俳優として頑張って走るという覚悟を堅くしています。
[PR]
by chikat2183 | 2013-11-27 17:25 | 2PM翻訳記事 | Comments(2)
出所はこちら

オク・テギョン 強烈でセクシーだ!
2PMオク・テギョンはマッチョ?とんでもない!直接会うと誰よりも細やかで愉快な人。
d0020834_18354334.jpg

d0020834_18382322.jpg

犬より猫 愛玩動物は飼ったことがない。幼い時から両親が「ペットを飼いたければ餌も掃除も洗うこともあなたの役目」と言われそれが大きな責任感として響いてきたようだ。でも、愛玩動物を飼うならば犬よりも猫がいい。何か気位があるような感じ?トイレも(大小便を)ちゃんとわきまえて自ら独立的な生活ができることをわかっている感じが強くて僕と合うみたい。最近のら猫救援の話をたくさん聞くけど機会ができればよく面倒をみてくれることができる人を探してあげることも大丈夫だろう。

生の本質について 最近の若い人たちはWi-Fiが捕めない環境を大変がるけど、実質的に僕らに必要な空気を作り出す木に関心をもたなけらばならない時ではないかと思う。木々が切られて行き森が無くなっていく生活を当然に考えたり無関心で貫くときが多くないか。何より自然に関心を持つべき時ではないかと思う。

「倍返し」(こういう表現にしていいかどうかわからない造語ですがそのように表現してる方がいたので使いましたがまだ辞書にも出てなくて何と表現するかわかりません)に関する準備  たくさんの方々に愛されるほど心からお返ししなければならないと思っている。2PMメンバーたちと一緒に保育院後援をしてきているけど、個人的にとても広大な夢が一つある。慈善財団を作り運営したい。一昨年からあれこれ調べているが手順が思ったよりも多くややこしく面倒だ。救いの手が必要な対象はたくさんあるが、お金のためにしたい勉強や夢見ることを試せないでいる青少年たちのためにこの財団を運営したい。今の状況で直接運営はむりなことでその場で敢行するのは大変だが5年くらい後には可能ではないかと思う。そして僕にとどまらず継承されながら運営できるように長く努力したい。
[PR]
by chikat2183 | 2013-11-26 19:06 | 2PM翻訳記事 | Comments(2)
出所はこちら
「結婚前夜 」オク•テギョン"イ•ヨニとのラブシーン大変でなかった"(インタビュー)
d0020834_12385114.jpg

熱いエネルギーで舞台を熱くした'2 PM'のテギョン(24)がスクリーンデビューに乗り出した。結婚式の一週間前の生涯最悪の瞬間を迎えた4組のカップルのマリッジブルーを描いた映画「結婚前夜」(ホン•ジヨン監督、秀フィルム製作)でスターシェフ ウォンチョル役を引き受けた彼は、アイドルとしての熱くにえたぎるエネルギーをしばし殺し“結婚は生活"だと信じるウォンチョル、それ自体になって観客たちの心を動かす。

「結婚前夜」は、「キッチン」を演出したホン•ジヨン監督と「私の妻のすべての」<あなたの初恋探します」を製作したラブコメディの名家、秀フィルムの出会いで製作段階から関心を集めていた。キム•ガンウ、キム•ヒョジン、オク・テギョン、イ•ヨニ、マ•ドンソク、クジャル、イ•ヒジュン、コ•ジュンヒ、チュ•ジフンなど忠武路で有名な俳優たちが総出動した「ロマンチックコメディー版アベンジャーズ」キャスティングで映画ファンたちの期待感を高めた。
d0020834_12441530.jpg

このうち、最初のスクリーン挑戦に出たオク・テギョンは錚錚たる先輩俳優たちの間でも、自分だけのオーラを作り出して悪びれない存在感を発揮した。彼は野球コーチ テギュ(キム•ガンウ)、純粋な花屋の独身男性ゴヌ(マ•ドンソク)、マザコン泌尿器科医事課長テボク(イ•ヒジュン)、済州島旅行ガイド ギョンス(チュ•ジフン)など立体的でありながら、とんとん弾む他の男性キャラクターに比べて多少物静かな人物にも微細な感情変化まで見逃さない繊細な演技でウォンチョルに生命を吹き入れた。

「2PMメンバー達とパク•チニョンPDが面白くご覧になったとおっしゃったんですよ。初めシナリオを受けとった時ウォンチョルの感じは映画の中の姿とたくさん異なっていました。ソミ(イ•ヨニ)に今よりもっと無心なキャラクターだったんです。愛より仕事が重要な男でした。ホン•ジヨン監督と話を交えながらたくさん整えて行ったんです。理解ができない部分は、その時ごとに監督にメッセージを送りました。監督さんからは長文の返信で説明してくださったんです。(笑)」

前にホン監督はTVレポートとのインタビューで、オク・テギョンに対した賞賛を惜しまなかった。ホン監督は「これからが期待される俳優だ。自分の不足を堂々と認証しながらも、努力を怠らない。何よりもアイドルらしくなく大ざっぱで堅苦るしくない。現場でもスタッフの名前をいちいち覚えてつましく準備した」と激賛した
d0020834_1244575.jpg

ホン監督の賞賛を伝えるやいなやオクテギョンは、特有の例の溢れる(?)豪傑笑いをして「当然のこと」と言った。 「スタッフと仲良くなって楽になれば緊張しないし、もっと良い結果を作り出すことができると思います。特に映画は、一緒に作っていく方と、次の作品でまた会えるじゃないですか。親しくなれば私の演技のどんな点が不足しているのかを率直に尋ねています。これは映画だけでなく、舞台の上でも同じです。"

恋愛7年目のカップルであるウォンチョルとソミは、結婚式を一週間に控えて、一世一代の事件を経験することになった。もうこれ以上ウォンチョルにときめかない混乱したソミがネイルコンテストに参加するため出かけた済州島で、自分の心を揺らす男ギョンスに出会ってしまったこと。ソミを中心として、ソウルのウォンチョルに済州島のギョンスでつながる三角関係が繰り広げられる。美しい済州島を背景に繰り広げられるソミ – ギョンスラインより相対的に自分の魅力を見せてくれる多少不利な(?)の位置に置かれたウォンチョル。これにホン監督はウォンチョルに料理と流暢なロシア語という魅力を加え、結果は成功的だった。

「ウォンチョルが観客に見せてあげられる魅力が何なのか悩みましたよ。その魅力はまさに「安定感」でした。つまらない男かもしれないがウォンチョルは、もうちょっと親しみ深い感じに近づくことを望みました。ロシア語の演技も実際とても大変でした。クジャル姉さんに家庭教師じゃない家庭教師を受けたんですよ。撮影3日前から緊張するんです。ロシア語を録音したテープをずっと繰り返して聞いたんですよ。」
d0020834_12453525.jpg

ホン監督は「結婚前夜」を通して、男女間の微妙な空気をそっと描いた。監督の説明を借りれば「露出がなくても濃密な、二人の間の差異を表現」した愛情シーンは、観客にとっておのずからスクリーンにのめりこむように作った。特に劇中ウォンチョルとソミの愛情シーンは、ソミが済州島でギョンンスに揺れてから後、初めてウォンチョルに会う場面で感情的にも緊張感が極に達した場面だ。

「その場面は2時間ほど撮影したけど大変なことはありませんでした。あえて男性俳優だといって、女優をリードしなければならないとは思いませんでした。撮影前に監督さんと(イ)ヨニと三人であれこれ話を本当にたくさんしましたよ。元々はセリフもなかったけど撮影しながら作り出しました。そうやって少しずつ作っていきながら合わせて三回撮影したけれど、きれいに出てきたからよかったですね。ハハ」

彼は自分に対し 「自然人オク・テギョンとアイドルオク・テギョンを区分しない人間」だと説明した。僕一人でバチカンパッケージ旅行に出て、車両の必要性を感じられず自転車と公共交通を利用し、両親に小遣いもらって使い、忙しいスケジュールの渦中でも、キム•ジンミョンの小説「高句麗」を手放さない。大衆がよく考えているアイドルの姿と違っているといってもあまりにも異なっていないか。
d0020834_12462056.jpg

「自然人オク・テギョンとアイドルオク・テギョンの姿をあえて分けない。変わったという声を聞くのが嫌ですから。もちろん、高校時代の友人は、「お前以前より少しちゃんとした服着るけど」という言う話はしましたよ。うはは。もちろん会社(JYPエンターテイメント)で私に期待するアイドルとしての価値があると見るから、壊れた姿がカメラに捕捉され、インターネットに歩き回れば心配になる時もあるでしょう。"

今年の初め、高麗大学国際大学院に進学した彼に「なぜこんなに忙しく生きるのか"と尋ねた。 「一度くらいは仕事に狂って生きてたいです。今は仕事が優先でしょう。だから、大学院も進学して忙しく生きますよ。今の人生設計をどのようにするか普段とは違って、残りの人生も異なるじゃないですか。まだ一世一代の岐路に出会ってなかったが、何をするにも楽しみながらすればいいです。合コン、国土大長征のように私の同じくらいの年齢の友人が楽しむことを極めない点が惜しいといえば惜しいけどね。」
[PR]
by chikat2183 | 2013-11-25 12:45 | 2PM翻訳記事 | Comments(0)
出所はこちら
「結婚前夜」 オク•テギョン"イ•ヨニとの最初の出会い...悩みが多かったです"(インタビュー)
d0020834_1871536.jpg

2PMのメンバー オク・テギョンがドラマに続いて映画に挑戦した。結婚を決定した男女が経験する不安現象であるマリッジブルーを素材とした「結婚前夜」(監督ホン•ジヨン 公開21日)で、オク•テギョンは、若い年齢ですべてのことを成し遂げたスターシェフ ウォンチョル役を引き受け俳優イ•ヨニと7年目のカップル演技を繰り広げた

柔らかな微笑を備えたウォンチョルは、どこかわからないが余裕のあるオク・テギョンと多く似ていた。思いやりが深く温かい心だが、ひょっとすると女性たちには退屈な恋愛を導いていく男だ。結婚を控えて恋人に仕事を辞めることを要求するし、 7年の間恋愛をした人らしく、「愛」ではない「友情」として生きるということをさりげなく言う。

ウォンチョルのような人がそばにいればどうだろう。まだ愛に対したファンタジーがある人ならば失望するし、安定的暮らしを願う人ならば歓迎する

「結婚前夜」の中のウォンチョルとソミ(イ•ヨニ)カップルは、こんな両面性を両方見せてくれる。 7年の間、恋愛をして自然に結婚するが、ソミの前に現れた運命的な男に揺れる。決定は、ソミの役割だった。ウォンチョルは、ソミがどんな決定でもしたことを理解し受け入れてくれることに値するそんな人物だ。一言で言えば退屈な「男」だ。

「結婚前夜」でスクリーンに挑戦したオクテギョン。短い分量だったが、魅力的なシナリオと、また二人の結末が特に気に入って出演を決定したというオク・テギョンに会った。

▲以下のオク・テギョンとの一問一答。

-初めての映画だ。所感がどうなのか。

おもしろい。大きなスクリーンで自分自身を見るということ自体が、目新しい経験だった。撮影は本当に忙しかった。映画撮影現場の雰囲気とドラマは多く異なった。初めての映画だという緊張もたくさんしたし、どうやって撮ったのか記憶もよく思い出せないほどだ。

-「結婚前夜」でスクリーンにデビューした理由は何なのか。

お決まりの答弁だけれど、シナリオが面白かったし、キャラクターが気に入った。最も気に入った事は、僕たちのエンディングだ。僕たちカップルは、他のカップルに比べて年齢が幼い。幼いカップルだから、可能な結末だった。 「結婚前夜」は、とても現実的な話だけれど、僕たちのエピソードはファンタジーに近い。
d0020834_18191312.jpg

- 初めての映画にどれくらい満足をするか。

個人的にはウォンチョルのキャラクター説明が不足して残念だった。僕が演技でディテールに見せてあげればよかったけどという物足りなさが残った。僕が僕自身を評価することは大変だけど、これもやっぱり惜しい。映画自体だけ見れば、本当に良い。俳優たちの調和も良かったし、コメディと話がうまく混ぜ合わされたようだ。

- イ•ヨニとの最初の出会いから7年目のカップル演技をしなければならなかったが....

一人で沢山考えた。イ•ヨニは、88年早生まれで、僕はただの88年生まれだ。姉さんと言うべきか、タメ口をいうべきかという悩みをたくさんした。ところが、イ•ヨニが会った途端に「こんにちは?友達だからタメ口にしよう」と言ったんだ。うっかり最初からタメ口を言った。

- 7年の恋人イ•ヨニ、どんな感じをうけたか。

最も重要なことは平安だ。話をせずにいればぎこちない付き合いがあり、何の話をしなくても楽な付き合いがある。友達みたいでいながらも家族のような感じをうけた。

- 映画の中のように長い恋人に新しい人ができたらどうするか。

率直によく分からない。そんな状況になれば分かることらしい。考えをして見たことがない。ソミとウォンチョルは、7年間知り合いながら、倦怠期が来た。捕まえることもできるし、倦怠期が来たのは僕のせいでもあるので放してあげることもできるようだ。しかし、私はそんなことが起こらないようにする。ハハ。

-2PMの活動をしながら、引き受けることが大変な配役があるかもしれない
d0020834_18201180.jpg

2PMをあきらめなければならない配役を引き受けることがあるとすれば、それは皮肉なことだと思う。今オク・テギョンがいられるということは2PMがあったからだ。僕が2PMから脱退をするとしても2PM出身ということが消えることはない。もちろん、ちょっと強い配役が与えられたら、することはある。しかし、ないといって、アイドルなので避けることはちがうようだ。

-「結婚前夜」を通じて得たことがあるならば。

先輩たちとホン•ジヨン監督に得た助言が最も貴重なことだと思う。これから映画を撮るときも大きな助けになりそうだ。また、この作品を通し得た縁が大切だ。
[PR]
by chikat2183 | 2013-11-24 18:15 | 2PM翻訳記事 | Comments(0)
出所はこちら

テギョン、こんなにカッコイイ男の報告書
映画<結婚前夜>の中でブラックスーツを着たテギョンの姿に彼の結婚観と人生観がひどく気になった。
’結婚を早くしたいのか、求婚をどうやってするのか、性格はどんなか、夢は…’
だから彼に12個の人生のキーワードを投げた。
テギョン、こんなにカッコイイ男の報告書
d0020834_12554919.jpg

d0020834_14504897.jpg

d0020834_14511655.jpg

d0020834_14514164.jpg

d0020834_14515785.jpg

d0020834_14521771.jpg

d0020834_14523662.jpg

d0020834_14531863.jpg


Marriage  忍耐

漠然と結婚したいと思っている人の中の一人だったが、映画<結婚前夜>と<私たち結婚しました 世界版>を撮りながら、あ、結婚は現実なんだなあという考えを持った。まさか私はジニョン兄さんの結婚式で主礼の先生が自身が50年間の結婚生活をすることができた事は忍耐のおかげだと言ったので、本当に愛しているなら沢山我慢しなければならないらしい。(CeCi/ 結婚は可能であれば遅い?そうでなければすぐ?)可能ならばすぐ!本当に愛している女性がいるなら逃したくない。子供たちと世代差を感じるのはいやだから。(CeCi/怖さもあるんじゃない?)勿論。20年が過ぎる時間を違う方式で生きてきた二人が出会ってぶつからないというのは不思議だ。2PMメンバーたちだけをみてもまちまちだから。今回映画で僕が任された’ウォンチョル’が”結婚は愛より生活が核心でしょう”という場面があるんだけど、ある程度同意する。愛”よりも”はちがうけど、愛”くらい”は重要だと思う。


Propose  ベニス

イタリア ベニスのサンマルコ広場の求婚、いつか夢見る。恋人ができたらたぶん僕等だけが共有する音楽があって、広場の片隅に弦楽四重奏楽団がその曲を演奏すると彼女が”あら!あなた、私たちの音楽をやってる”って言うでしょ。じゃあ、時間を少し引っ張って指輪を取り出してひざまずいて「結婚してくれる?」って言うんだ。(笑)(CeCi/今そうやって演技までして、いつから計画してたの?)高校生の時から。それなのに少し恐ろしいことには女性の40%が人の多いところでプロポーズ受けることを願ってはいない。拒絶確率も高いんだよ。計画を修正しなければならないのかな。真剣に悩み中だ。


Baby 多産

やっぱり兄弟がいるのがいいなあ。ワイフ(韓国では一般的な表現)が承諾すれば、まあ、多くてもいい。(CeCi/どんなパパのなりたいの?)もし息子がいるなら一緒に武術物も読み友達みたいに過ごしたい。


Skinship 胸騒ぎ

スキンシップは相対的だ。僕が愛嬌が多い方になる時もあれば相手方の愛嬌がもっと多い時もある。基本的に愛嬌をすぐに使う性格ではない。(CeCi/日常生活でスキンシップが自然な人もいるじゃない?)あ、そういう方ではない。僕はかなり小心だ。

☆韓国で言う愛嬌とは NAVER国語辞典より [명사] 남에게 귀엽게 보이는 태도.[名詞]男にかわいく見せる態度 = 日本とは意味が違意味が大きく違います☆


Appearance 大満足

僕自身を愛する方だ。たくさん愛する。(笑)(CeCi/年を取りながら外見的に変化を感じるか?)沢山変わりはしないけど印象が柔らかくなったという言葉を時々聞く。デビューするときはもう少し鋭い攻撃的な眼差しだったけど今は楽になったんだよ。(CeCi/一番気に入ってる身体の部位は?)耳。人よりも耳介が一つ少なくて特異だ。コンプレックスになりもするが僕は子供の時から僕の耳が気に入ってた。大人たちは耳が大きいと大きな人物になるって言うでしょう。童話〈王様の耳はロバの耳〉も好きだった。(CeCi/童話の意味はそうじゃないけど)ちがうよ!意味と全く関係なくただ王様の耳だから好きなんだ。(笑)


Personality 変化すること

性格は確実に変わる。以前より鋭くなった。一般的な社会生活に比芸能界で特殊な経験を沢山したので僕自身を守らなければならないというマインドが激しくなった。物心が付いたと言おうか冷徹になったと言おうか。(CeCi/冷静になったと言うこともあるでしょう)もちろん。小さい時から感情的な方ではなくて冷静だということをよく聞いた。だんだん鋭敏で鋭くなる理由は、いかにみれば社会的影響を呼び起こすことができる職業で、失敗はしたくない。この場所からいつでも落ちていくこともあるという考えをいつも持っている。


Freetime 慣れないこと

時間ができれば「何しようか」という考えから持つ。デビューして5年の活動した後初めて2週間程休暇をもらったがその時も作曲を学びダンスを練習して過ごした。(CeCi/そんな仕事…)とっても後悔した。その時ジュノはアフリカへ行って奉仕活動もしたのに。仕事するときは「休みたい」「ぼくの時間が欲しい」と言いながら実情与えられれば面食らう。最近はスケジュール調整も容易に余暇時間を出せるけれども今は休むことよりも仕事することが勝る。(CeCi/余暇が必ずしも必要な人ではないみたい)とっても必要だ!!僕が活用することができないだけ。メンバーたちが家でのんびり休むのをみると”キミたち家で何するの?”という言葉が飛び出す。後では休む時間がもっと多くなるけど今休むことは罪ではないという考えもいくらかある。


Friendship お金払っても変えられないこと

狭く深く付き合う方だ。愛におぼれたらどうなるかわからないけど今は友情が重要だ。(CeCi/映画<結婚前夜>で長い間の恋人ソミとの姿は愛より友情に近いんじゃないかと思った)そうでしょう。実際でも互いに平安にしてくれる恋人が良い。いつも燃え上がるカップルがどこにいるか、僕はいないと思う。(CeCi/いることもある)いないでしょ~エィ~(笑)漢江にジョギングしに行くと老夫婦が手をつないで歩く姿を時々見るがそれが本当の愛ではないのか。横にいることだけでも意志になる関係だね。ある本で愛と結婚をめらめら燃え上がる火と燃えて残る灰の温気に比喩することをみることがあった。大きく愛を燃やせば燃やすほど温気も長続きするでしょう。


Money お金≠幸せ

お金で幸せを買えないが幸せになれもしない。勿論今生活に全然足りないということはありませんが、成す、行おうとすることを考えればまだまだ足りない。


Business 新しい挑戦

少し前 子供のころから描いてきた猫の絵’OKCAT'で本格的なキャラクター事業を始めた。タイのファンたちからSNSでメンションを受けてそこで不法にOKCAT Tシャツが売られているという事実を知ったが、需要があるなら供給しなければという経営学マインドが蠢き一人であれこれ準備を始めた。そうした中、会社のある一方で一緒にやってみようという提案をしてきてCEOになった。もう1か月ぐらい過ぎたが販売量が目標値の20倍くらいになる。僕も本当に驚いた。(CeCi/2PMメンバーも別に事業をすることが可能なのか?)OKCATのために契約書を几帳面に読んでみた、(笑)OKCATは僕の創造物で著作権が完全僕のものだ。


Anbition  必要ないもの

野望のない男は魅力がないと聞くが野望を築いたとすれば、練習生になった時歌手になりたくて歌手になった後熱心にやって大賞をもらいたかったがそれももう手に入れた。すでに僕の名前を知らせようと熱心にやったけど人々たちなりにテギョンを覚えてくれる、そんなものだ。あえて遠大な野望を抱えなくても現実的に次の目標を決める。それを成せばまた次の目標を決める。それが僕のスタイルだ。


Dream 築いた

浮雲をつかむような話は嫌いだ。’野望がないのは’答とも永遠の別れになるけど、1か月、1年後に夢を見てそれを成し遂げる成就感をもっと楽しむ。(CeCi/最近成し遂げた夢と新しく夢見た夢は何か?)映画を撮りたかったけどとってみたし事業もしてみたかったけど今してる。次の夢は僕の財団をつくることだ。中高生たちに教育的支援をしてあげられる財団創立を構想している。頭が良くて未来にエイズをなくす新薬を開発できる学生がいるがお金がなく教育を受けることができなければ人類の損失ではないか、最近そんな考えを沢山する。奉仕活動は沢山種類があるけれどもその中でも10代学生たちに持続的な助けをしてあげたい。多くの機関を通し調べてみると思ったよりもお金がたくさん必要なんだ。だから、先にした質問で、僕が求めるものを築くためには、まだお金が足りないと答えたのだ。(CeCi/本当に漠然と長い間見た夢もありますか?)たった一つある。幸せな家庭を築くこと。どうやら僕の人生の最後の目標だ。
[PR]
by chikat2183 | 2013-11-23 14:47 | 2PM翻訳記事 | Comments(0)
出所はこちら
d0020834_12382075.jpg

d0020834_12384347.jpg


今は隠したい男の香り

結婚前夜オク•テギョン


俳優オク•テギョン( 25 )の演技する時の姿は、男性アイドルグループ2PMのメンバーテギョンが舞台で噴出する強靭な男性的イメージとは全く違う
ドラマ'シンデレラのお姉さん' ( 2010 、 KBS2 ) 、 'ドリームハイ' ( 2011 、 KBS2 )で至高至純な純情男を演じていたが。
最近放映終了したドラマ'フーアーユー' ( tvN )では主人公である刑事としてはつらつとしながらもロマンチックな感性を発散した。
彼が初めての映画"結婚前夜" ( 11月21日公開、ホン•ジヨン監督)で任された役割もそうだ。
結婚を控えた4組のカップルの話が広げられるこの映画で彼は
7年も付き合った恋人ソミ(イ•ヨニ)を愛している為に揺れる彼女の心をむしろつかめないスター級料理者ウォンチョルを演技した
映画の主題曲まで直接作詞、作曲した彼は彼の最初の映画演技に“10点満点の6点”を付けた


ウォンチョル役割を担ったかった理由は
シナリオを読み、僕は後で面白い小説一編を読んだ感じをもった。
結婚についてこんなに現実的な内容を入れる方法もあるんだなあ。そのような面で面白いと思った。一番良かったのはウォンチョルの最後の選択だ。

ウォンチョルの性格が似てところがあるか
似ている。小心な面もあり、表現をよくしないのもそうだ。
ガールフレンドや家族、ファンにも愛してるという言葉をうまく言えない。ウォンチョルに同質感を感じた

劇中の4カップルの中で唯一の三角関係で、分量が相対的に小さい。惜しくなかったのか
分量に欲はなかった。ウォンチョルの分量が長くなれば、映画の流れに助けにはならないだろうという考えもした。
歌手として2PMというグループのメンバーとしてみると、チームワークや調和が重要であることが分かる。演技も同じだ


この映画を撮ってドラマ "フーアーユー"の撮影に入ったが
すぐ翌日、ドラマに移った。すごく負担だった。ウォンチョルとゴヌのキャラクターがあまりにも違っていたせいである
だけど、歌手テギョンで、映画の中でウォンチョル、ドラマの中のゴヌに変わっていく過程を楽しみたかった。
それなりの方式も体得し、努力はするものの、負担のせいで自滅してはいけないという考えからか


それぞれのキャラクターにどのような変化を与えたか
どうせ演技というのは私の一部分を極大化させることだ
"結婚前夜 'では自重する姿を見せてあげようとしたが'フーアーユー'では図々しく軽々しくし見せようと努力した。
軽軽しく振舞う演技がぎこちないという指摘も聞いたけど、


結婚前夜を撮って残念だった部分といえば
とても水が流れるように撮ったようだ。キャラクター自体がそのようなものもだということあるが、それでもあまりにも穏やかではないかという名残がする


ウォンチョルというキャラクターのためにどんな準備をしたのか
恋愛を長くした人々を取材した。恋人がとても楽になって家族みたいだという話をたくさんきいたよ。
"愛"という表現自体がさほど届かない(意味がない)という話も聞いた。ただ生活の一部になったということなんだ


劇中で料理人だけど料理を実際に好むか
好きだ。時々両親とメンバーにしてあげる。うちのメンバーは、トッポッキとキムチチャーハンが好き。
腕前は悪くないという評価を聞く。その代わりに皿洗いは自信がない。愛を受けたければ料理と皿洗い、二つのうちどちらかはしなければ(笑)


今回の映画のために体重を10kgも減量したというが
料理人が筋肉ムキムキなのは似合わないと思った。ウェイトトレーニングを3カ月程やめて、有酸素運動だけした。食事の量も減らした


メンバーたちがそのような努力を仮想で見たでしょう
'オク•テギョン忍耐強いね"という評価は、"チッ テギョン(切り裂きテギョン)'の時、すでにもらった。その時は本当に忍耐強く腹筋を作った。今回は肉を落とすことを見てメンバーたちが'あの子、まただね"と言った。


相手の俳優イ•ヨニとの演技呼吸はどうだったか
粘りっこい性格だと思っていたがおおらかでこだわらない。相手方を楽にしてくれる魅力がある。同い年なので友人になった。
だから楽に演技ができた。実際にヨニが僕のパートナーだという言葉を聞いて快哉を叫さけんだ。(痛快で気持ちのよい事柄に、歓声を上げること。)本当にきれいじゃない(笑)?


"楽しみで生きるの?同志愛で生きるんでしょ"というウォンチョルのセリフをどう思う
同意する。私は結婚するときに長い間会ってみて、どんな人なのか把握した後に決定するだろう。
愛の力だけ信じてぱっと結婚を決定する性格とはちがう。また、長く付き合うことは同志愛と義理ばかりではなく、愛があるからではないか。
映画の内容のように同居は相手方を知っていく道ならば、それも悪くないと思う。すごくフリーかな?
両親と所属事務所がどのように思うかわからないけど(笑)


劇中で古い恋人ウォンチョルに対しソミが経験する葛藤を理解することができるか
できる。愛が感じられない状態で結婚するならばそれが幸せな人生なのか。僕がソミでもそうしただろう。


結末でウォンチョルの心をどのように解釈したのか
ウォンチョルは、ソミが結婚直前で別に行動するだろうと思うけど、後ではそれがそうじゃなかったんだなあと感じる。
恋愛の長くした方々を取材してみるとむしろ簡単に別れてるそうだよ。
誰かが離別の言葉を持ち出すくらいなら二人ともある程度離別に同意しているということだ。


ウォンチョルの内面的苦痛がもう少し明らかになったらよかったのに
ソミを悪い女に作らないことが監督の意図だった。ウォンチョルがとても大変ならばソミは、自分の幸せだけを追う悪い女にならないか。
ソミとウォンチョルのエピソードだけを持っている映画を作るのではないのだから。


恋愛でも結婚でも、相手を飽き飽きさせないようにするのが重要なようだ
お互いをとても楽に思うのが最も危険なことらしい。サプライズイベントまでとはちがっても、相手方を驚かせてあげる何かをいつも準備しておかなけらばならないと感じた。
そして真心を確実に伝達しなければならない。風船や鳩を飛ばすことよりは、女性が何を望んでいるか知ることがずっと重要だ。


表現が下手で恋愛に失敗したことがあるか
退屈という言葉を聞いたことがある。僕なりに熱心にやったけど、彼氏として面白くしてあげることができなかったみたい。ああ、急に悲しくなる。


そのような経験のせいで自分なりに変えなければならない考えもしてみたか
ちょっとわからなくても、完全に変わらなければという考えはしない。今このままの僕の姿を好きでいてくれる女性がいつか現れだろう。


反対にソミが新たに魅了された男性ギョンスの性格の中で、自身と似ている部分があるか
おばさんたちによくする事?僕の性格がもともととても明るくておばさんたちが好きになってくださる。
だけど、若い女性の前ではぎこちない。誰にでもふざけながら冗談をいうギョンスの図太さがうらやましい


そんなことが演技にコンプレックスとして作用できるのに
女性パートナーの前では緊張することがある。子供の頃から女の子たちの前で不器用だった。学窓時代に好きな女の子にダッシュしたこともほとんどない。
明るい性格だが、気の小さい方だ。演技をする時そうでなくても緊張する、女性パートナーのせいでもう一度緊張する。
多幸に、ソ•イヒョン先輩とイ•ヨニが楽に対してくれた。そのようなコンプレックスをたくさん振り落して、いつか克服できると信じている


ソミとのいちゃいちゃした姿の中で、後で恋人と必ずしてみたいことは
料理しながら抱きしめたり、食べさせてあげたり、話を交わしたりもして、そんなことを必ずしてみたい


この映画を撮ってから結婚に対する考えが変わったのか?
以前から結婚は必ずしたかった。結婚を現実的に扱った映画を撮ってからこそ考えが切実になった。
映画の中に出てくるすべての現実的な問題を克服することができるくらいに愛する人と必ず出会いたい


どのようなプロポーズをしたいの?イタリアのベニスのマルコポーロ広場でプロポーズしたい。
密かに四重奏団を渉外した後、広場の片隅で僕たち2人の好きなところを演奏している
恋人が "あれ?これ私たちが好きな曲だけど'と言ったとき、ふいにプロポーズするんだ。ベニスに行ったことのないけど、いつもそんな想像をしてきた


結婚はいつしたいか

遅くても30代前半にしたい。息子が生まれたけど僕との世代差がすごく出て何の話をしているのか言っているかわからなければとても悲しいだろう。
もともとこんなつまらない考えをたくさんする(笑)


前に'野獣アイドルのイメージから抜け出すために演技するキャラクターを選択する "と言ったけど
一つのイメージに局限されていないためだ。舞台のイメージが演技についてくることを願っていない。
強烈な男のキャラクターを演技することもあるけれど、それは多様なジャンルのキャラクターを演技してみて、僕はその後のことだと思う。


2PMのメンバーの中でジュノは "監視者たち"で良い評価を受けたのが刺激ならなかったか
もちろんだ。舞台の上であっても、カメラの前であっても善意の競争(切磋琢磨という言葉がいちばん近いようでライバルという意味はありません)をすることだ。他のメンバーチャンソンも'レッドカーペット'に出演する


一緒にやってみたい監督は
どうせ希望事項だから、勢いで言ってみると、ポン•ジュノ監督だ。彼の映画はいつも新しい。
それがエンターテイメントの重要な要素でだがそれを上手くやる監督のようだ


青年オク•テギョンの一番大きな悩みは何だろう
未来設計?一瞬間ににして崩れる不安感の中で活動する。グループだから、自分だけが上手くやってもよくなることはない。
実力、外的な要素も成功と失敗にたくさん影響をくれる。周囲でそんな場合をもともとたくさん見た。
CDであれ、ドラマであれ、映画であっても毎回成功はできない。勝率の戦いです。どのようにすれば勝率を高めていくことができるかいつも悩んでいる
[PR]
by chikat2183 | 2013-11-22 12:55 | 2PM翻訳記事 | Comments(0)
出所はこちら
d0020834_2494051.jpg

■ "結婚前夜 'でスクリーンデビューしたオク·テギョン

倦怠期の長年の恋人...心が広い調理師で出演

"アイドルの忠武路(映画界)進出、両刃の剣を携えているが実力で克服しなければなりません

恋愛はいつするかだって?急にちょっと悲しくなりますね"

ぼそぼそと話を交していた。相手はコーディネートとヘアスタイリストなどだった。人気お笑い番組"ギャグコンサート"のコーナーの中の生意気な歌手とはまったく違った。椅子に身を埋めて煩わしいというように傲慢な言葉を投げるどころか、立った姿勢で同じ年頃の友人にいろいろ話しかけていた。そのありふれたスター意識は探すのが大変だった。

19日午前、ソウル三清洞のあるカフェで人気のアイドルグループ2PMのメンバーテギョン( 25 )に会った。彼は生涯初の映画"結婚前夜 ' (監督ホン·ジヨン)が公開( 21日· 15歳以上観覧可)を控えている。ポスターを装飾する人物としては出演分量が多くない彼は映画のすべてのことを背負ったように誠実に質問に応じた。激烈なダンスと男性美あふれる外見で'野獣アイドル'という別名を得た彼は、真剣ドル"と呼ばれるのがもっと合当するようだった。
d0020834_250918.jpg

長年の恋人として出てくるイ·ヨニとの映画の中の一場面。

"結婚前夜"は、結婚を目前に控えた4カップルの事由を糸巻きにしてこの時代の若者たちの愛と結婚の話を解く。結婚という新しい人生の枠の中に入る前で尻込みして相手を疑う男女達を通し笑いと同感をさそう。オク・テギョンは他の男と突発的な恋に落ちる女性ソミ(イ·ヨニ)の婚約者ウォンチョルを演技した。結婚前に揺れる長年の恋人を寛大な目つきで眺める、どうしようもなく、やさしい調理師だ。舞台の上での野性的なアイドル歌手の姿とはまったく距離が遠い。

"シナリオの中配役がぴったりで気に入った"とは、彼は出演の意図を努めて隠さなかった。 "舞台の上での野獣アイドルのイメージを演技にまで強しいて見せてあげくなかった"ということが最初の映画で"結婚前夜"を選択した理由だ。彼は"映画のシステムに慣れていない撮影期間ずっと困惑した。大画面で自分の姿を見ると物足りなさと感激もした"とし、スクリーンデビュー式を執り行う感想を伝えた。紅潮した彼の顔には初めての酒で満腹にすることができでしょうかという自問と次を約束する勝負欲をちらつかせた。

歌や映画を超える抱負を明かすこともした。 "作曲と作詞、映画演出と舞台演出など、エンターテイメントすべての分野を渉猟したい"と言った。 "多方面で人々を楽しませなければならない真のエンターテイナーではないか"は反問を添えた。この真剣な欲張りは覇気あふれる人生の目標を提唱しながらも"ミュージカルは、発声と響きが普通の歌とは違う。挑戦したいが怯えも出る"とも言った。

今まさに演技人生を始めた彼は"アイドルグループ出身俳優は両刃の剣を握った状態"と比喩した。アイドルグループの人気を背に負って、もう少したやすく俳優入門が可能だけれど、その人気が演技生活では毒になることもあるという意味だった。彼は"そんな状況は、結局めいめいがが克服しなければならない。演技が上手で、 (出身背景がただ強点として作用する)一枚刃の刀に変えたい"と言った。アイドルグループ出身の相次ぐ忠武路への進出については"善意の競争になったら良いなあ"と希望した。

2PMは最近日本で大きな人気を受けながら、彼は"仕事をする楽しみにはまっている。 "再充電をする暇もない彼に恋愛する時間はあるかと尋ねた。つくり笑いをし唾を誤って飲み込んだ彼は激しく咳をした。続いて苦笑いと一緒に出てきた言葉。 "ちょっと悲しくなりますね。いきなり... "

アイドルグループの賞味期限は、相対的に短い。 2PMも例外ではないだろう。彼は"アイドルグループの寿命は通常5年だというが僕等はその時期を越えた。10年後には時々楽しくアルバムを出しながら各自の道を行くことができるようだ"と言った。この青年はかなり成熟だ。
[PR]
by chikat2183 | 2013-11-21 02:54 | 2PM翻訳記事 | Comments(0)
出所はこちら

オク・テギョン ”私がパッケージ旅行へ行ったことそんなに不思議ですか?”
d0020834_2071326.jpg

グループ2PMオク・テギョンがパッケージ旅行について言及した。

映画"結婚前夜 ' (ホン·ジヨン監督、秀フィルム製作)で平安で安定した結婚を夢見るスターシェフウォンチョル役を演じ、成功的なスクリーンデビュー式を執り行うオク·テギョンは20日、 TVレポートとのインタビューで、最近話題になった"パッケージ旅行"について打ち明けて目を引いた。

最近オンラインコミュニティには、イタリアのローマのバチカン旅行中であるオク·テギョンの直写写真が掲載された。公開された写真の中でオク·テギョンは、休暇中にパッケージ旅行商品を購入し、市民たちと一緒に観光を楽しむ姿だ。オク·テギョンは、パッケージツアー日程中、ある観光客のベビーカーを直接押してあげて集合写真を撮るなどアイドルらしくない気さくな姿でネチズンの間で話題を集めた。

パッケージ旅行に対して話の口を開くととオク·テギョンは、ひとしきり爆笑をしてすぐに"それはそんなに不思議なことなのか?"と聞き返して記者たちを爆笑させた。
d0020834_20103878.jpg

"ワハハ。それがそんなに不思議なのですか?休暇が一週間ほど残った時ただ飛んで行ったんです。私が歴史に興味が多く、歴史的な場所、芸術作品は本でだけでみることができるじゃないですか。私の二つ​​の目で直接見たくてバチカンに行ったんです。ベビーカーも直接押しました。(笑) "

彼は"遺跡地が多い所はよく知らずに行く場合見逃すことがあるじゃない。ちゃんと見たくてパッケージ旅行に行ったんだ。もちろん、ボクも最初は本見て遺跡地の勉強もした。一人で行って几帳面にに見て来ることにパッケージ旅行が適合するだろうと思って行ってきた。私も人間なんだから、パッケージ旅行に行ってくることができるのではないか。それをそのように不思議に感じるとは思わなかった"と率直に明かした。

続いて彼は "団体旅行の良い点が何なのかを知っている?一人で旅行行けばひたすらセルカしか写せないじゃない。パッケージツアーは、一緒に行った市民の皆さんが写真を撮ってくれるということだ。どんなに良いか…"とシャレを落とし、もう一度場内を笑いの海にした。

"結婚前夜"は、この世の中の誰よりも幸せでなければならない結婚式の一週間前、生涯最悪の瞬間を迎えた4カップルの波乱万丈なマリッジブルー(結婚を控えた人々が迎えるる心理的な不安並びにストレス)を描いた映画だ。キム·ガンウ、キム·ヒョジン、イ·ヨニ、オク·テギョン、マ·ドンソク、グジャル、イ·ヒジュン、コ·ジュニ、チュ·ジフンなどが加勢した。

'キッチン'を演出したホン·ジヨン監督と'私の妻のすべて' 、 'キム·ジョンウク探し'を製作したロマンチックコメディの名家、秀フィルムの出会いで早くから関心を集めている。 11月21日封切りする。
[PR]
by chikat2183 | 2013-11-20 20:08 | 2PM翻訳記事 | Comments(2)

2013年秋の京都②

京都といえば二条城?
京都御所から地下鉄で二条城へまわりました。
京都御所は入場制限されているので人が多いと言っても大したことはないですが、やっぱりこっちは修学旅行の時期でもあってものすごい人混み。

私にとっての京都の思い出はこの二条城でここに訪れたのは○十年ぶり。
何がって言えば、二条城前の京都国際ホテルに宿泊した大学の研修旅行。
偉い有名な先生方と奈良京都を周るのだけれど、同じ学科に石垣が居たのでなぜか竹村がついてきたんだよね。
それで、レンタカーしてドライブするからって夜中にむりやり起こされて拉致されて車の後部座席に閉じ込められて連れまわされた。
同部屋のマルは寝てたから留守番ですみました。
拉致されたのは私一人で見つかったら「二人で出かけてたことにすればいい」って、何なんだよ!!
さらに石垣の同部屋のわかえちゃんはお部屋に京都の男が来るから何時まで帰ってくるな状態で…。
車の後ろに拉致されてる私といえばとにかく眠くて…一応石垣も竹村も友達だし気を使ってくれるんだけど、居心地もわるく…そんな感じです。
それで、竹村の部屋ったら偶然なんだけど私とマルの部屋の斜め前くらいで朝食の時間に寝不足の石垣起こしに行ったりした。
名前みてわかる人は笑ってください!!
どんな学校行ってたんだ?って話ですか?
そんな学校でそんな京都の思い出です。
こんな話今覚えてるのは私一人だろうと思う。
石垣も竹村も絶対覚えてないと思う、今度会ったら聞いてみよう。
d0020834_106201.jpg

d0020834_1064056.jpg

d0020834_107663.jpg

d0020834_1072994.jpg

さて、夕飯はおばんざいでも食べようということで四条に戻ってお数家いしかわで。
予約でいっぱいだからさっさと食べて帰れと言わんばかりでしたが、まあ、おいしくいただきました。
d0020834_10141799.jpg
おいしそうなんだけど、おいしいんだけどドンダケの寮かわかりますか?
d0020834_10144076.jpg

めっちゃ小さい入れ物で最低500円からですよ。
京都ですね~
d0020834_1015130.jpg
お造り2.5人前
d0020834_10152040.jpg

d0020834_10154365.jpg

これが名物?〆の卵かけごはん。
お茶碗1膳分のごはんと生卵1個で500円ナリ。

ぐるなびはこちら
[PR]
by chikat2183 | 2013-11-19 10:16 | 旅行2013 | Comments(0)