てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

「レッドクリフ PartⅡ―未来への最終決戦―」

「レッドクリフ PartⅡⅡ―未来への最終決戦―」試写会 よみうりホールで鑑賞
d0020834_22152777.jpg

この春、「ベンジャミンバトン」と同じぐらい期待していた作品「レッドクリフ PartⅡ」みてきました。
この試写会に関して言ううと、最近あまりに多忙な日々なので行けるかどうかわからなかったのですが、行けてよかった。
しかし、そう思われていた方が多いようで久々の立ち見風景をみました。
今夜の試写会シングル当選だったので私も連れがいたらばらばらだったかも知れません。
運よく座れたと思いました。
さて、お話は、三国志もクライマックスの赤壁の戦いを迎えます。
いつの間にか、また変な副題までもついてしまいました。
必要ないでしょう、PartⅡつけたんだから。
なんだかんだ言っても時間がなくて「PartⅠ」の復習も、マンガも小説も何も勉強せずに飛び込んだわけですが、なんだかんだ言ってもこれはイケてしまいます。
いままでのPartⅠ、2時間半はなくても大丈夫なんじゃないかと思うPartⅡです。
エイベックスが、日本独自でとりいれたという解説ももちろんわかりやすくさせてくれているのですが、それもこうなると必要ないのではないかという気持もできてしまいました。
それぐらい、ジョン・ウーの作るアクション映画としてののスケールの大きさに圧倒されました。
前回、トニーが大活躍のアクションのシーン。
あれもある意味序章にしかすぎす、最後に彼一人のアクションの立ち回りもあるんですが、男を男らしくそして美しく魅せられるジョン・ウーの世界観に圧倒されました。
もちろん、金城くんだって美しいけど、彼はこの作品の中ではアクションで動き回らないから別格。
で、残念なことにまたまた吹き替え。
途中で気がついたけどどうもトニーも吹き替え。
途中で口の動きがあっていなかったので、その点はどうもガッカリ。
やっぱり、北京語だめなのか~。
金城くんが吹き替えなのだからこれは全員本当に吹き替えられてしまったの?
PartⅠを見ていない人でも入りこめるという噂も体感することができました。
途中でアクションを見始めたら、話の筋がどうでもよくなっちゃうってことでしょうか。
その点不思議な感覚もあったんです。
いやいや、お金の使い方ってこういう風にするものなのねってぐらいお金掛けて大きく大きく作られた作品でした。
★★★★★★★★☆☆
[PR]
by chikat2183 | 2009-03-19 21:52 | 映画2009 | Comments(12)
Commented by KLY at 2009-03-22 02:46 x
こんにちは^^

>あれもある意味序章にしかすぎす

そのとおりだと思います。というより私はPart1自体が序章に過ぎないのではないかと思っています。
1での個人よりの派手なアクションで観客を掴み、2でしっかりとストーリーを見せるというジョン・ウー監督の計算なのではないかとすら感じました。^^
Commented by chikat2183 at 2009-03-28 01:57
※KLY さま
partⅠでもそれなりに興奮したのですが、partⅡをみたら、Ⅰ観なくても全然OKって感じでした。
司会のお兄さんが「みてない人もOK」といった意味がはっきり分かって、少しショックさえ感じてしまいました。
アドレナリン爆発寸前でした。
Commented by tomozo at 2009-04-04 23:29 x
私も精巧に出来たCGよりも
こういうお金がかかってるのが分かりやすい方が好きだなぁ。
だって、こういうのって映画でしかできないよね〜。

>途中でアクションを見始めたら、話の筋がどうでもよくなっちゃうってことでしょうか。

たぶん、ウーさんも、アクションとか爆発バンバンさせてたら、ときどきストーリー忘れそうになったんじゃないでしょうか?なんか、アクションシーン、楽しそうだもん。
Commented by chikat2183 at 2009-04-05 00:15
※tomozoさま
私もわかりやすさが好き。
三国志のとっつきにくいような歴史がわかったような気がしてきた。
本当は何もわからないのにそういう気分にさせてくれるほどノリノリってことなのね。
ラストシーンめまいしたでしょ?
Commented by まてぃ at 2009-04-06 22:22 x
こんにちは。
本当にPartIが何だったの?っていうくらい、迫力あるアクションでしたよね。こういう中国映画の無茶するところ、結構好きです。
さすがジョン・ウー!このアクションシーンだけで、三国志を何も知らなくても楽しめると思います。
Commented by chikat2183 at 2009-04-09 09:28
※まてぃ さま
三国志どうのと言う前に完全にジョン・ウー作品でした。
とっつきにくい内容もこういう風に作られると面白いですね。
もともと、ジョン・ウーのアクション映画好きなんですよね。
大興奮で楽しめました。
Commented by 風情♪ at 2009-04-12 00:03 x
こんにちは♪

ええ~、T・レオンも金城武も吹き替えだったんすか?
全然気付かなかったです…。
まぁ、それくらいボクとしては合戦&謀計等に興奮しま
くりで、大大満足の作品でした♪ (゚▽゚)v
Commented by chikat2183 at 2009-04-12 22:51
※風情♪さま
こんばんは
吹き替えは気にしなくていいんじゃないですか?
中国系の作品は基本的なことのようですから…。
ものすごくお金掛けて、ものすごくアナログに作ってるところがものすごく好きです。
ジョン゛ウーやっぱり好きです!!
Commented by シムウナ at 2009-04-13 23:40 x
TB有難うございました。
中盤からのアクションの見せ場の連続に、時間を
忘れて見入ってしまいました。
前半がもう少し締まってくると最高だったのですが。
しかし、勇気、愛、結束力、信じる心。
胸が熱くなる要素たっぷりの映画でした。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
Commented by chikat2183 at 2009-04-15 21:44
※シムウナ さま
コメントありがとうございます。
男くさい話かと思いましたが、女性の活躍も描かれて深みを出していたのがよかったですね。
大興奮でした。
Commented by はっち at 2009-04-19 23:35 x
お邪魔します~♪
えっ!?トニーも金城武も吹替え!?
金城武って台湾育ちだから、北京語ペラペラなんだと思ってた
けど・・・台湾って、北京語が標準語だったよね?違ったかな??
トニーは、香港だから広東語かなぁ・・・
本筋とは全く関係ないんだけど、なんかショック(T_T)
Commented by chikat2183 at 2009-04-21 10:43
※はっちさま
最近中国映画はまずそのあたりから追及しちゃっていまいち乗り切れないんですが、この作品はそんなこともぶっとばしてくれるほど爽快でした。
香港人オンリーの香港映画や中国人だけの中国映画でないとみんな吹き替えになっちゃうみたい。
残念だけど、まだまだ仕方ないですね。