てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

「チェ 39歳別れの手紙」

「チェ 39歳別れの手紙」ユナイテッドシネマ豊洲で鑑賞
d0020834_9343983.jpg

とりあえずみておこうと思って。
28歳は撃沈しました。
しかしながら、キューバ革命が既に終了していて、ついでに別れの手紙も冒頭で読まれちゃったし、この人いったいどうするの?
といった興味、こうなってしまうのも運命なのか。
逃げているんだか、同志を募っているんだかわからないけどとにかく移動あるのみって感じで戦いながら、進んでいくんですね。
たぶん、人間としての極限との戦いだったと思うけど。彼は医者だし、理性を失わずリーダーとして統率していこうと努力するけど、その力が小さすぎた。
捕まってしまった時点でなんだか恐ろしく悲しい。
食べ物もなく水もなくやせ衰えていくチェや若い同志たちの姿は涙でした。
そして、ボコボコにされるのもわかるけど、やけにリアルで痛々しい。
映画をみている限りでは、そんなシーンはいつでもどこでも見られるんだけど、すごい悲しさに包まれました。
私は泣きませんけど。
デルトロさま、さらに極端に痩せてて…。
壮大なチェの人生。
しかし、これはキューバではないし、やっぱり28歳をきちんとつかまなきゃ駄目だわ。
映画をみてつかめなければ本読む?
やっぱり、デルトロでみちゃいますね。
と言っても、出番かなり少ないです。
単独行動しているから。
28歳よりはかなりみやすいけど、単純に戦争映画みたいな様相でした。
28歳、もう一度みるべき?
★★★★★★☆☆☆☆
[PR]
by chikat2183 | 2009-02-03 09:17 | 映画2009 | Comments(0)