てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

「ミラクル7号」

「ミラクル7号」試写会 有楽町朝日ホールで鑑賞
d0020834_0362854.jpg

チャウ・シンチーのバカバカしいUFOとか宇宙人とかそんなSFネタをおちょくったギャグ映画だと思っていたらなんだか面くらってしまいました。
たしかにバカバカしいし、SFおちょくっているんだけど、その陰には大きな親子愛と子供たちへの正直な警告が詰め込まれていました。
本当のところ、チャウ・シンチーが現在どんな家族環境だとか、どんな生活だとかわからないけど、きっと彼が自分の子供に対してのおとぎ話的な感覚で作った作品だと感じました。
本当かウソか知らないけど、この主人公の少年を演じた女の子、彼は養子縁組したとかなんとか、彼女の男の子になりきった表情豊かな演技がこの作品を成功に導いたのでしょう。
この子、作品中で私立小学校に通っていてその中でいじめがあったりしてもちっともいじめと思ってなくて、貧乏なのになぜか育ちの良さみたいなものを見せてくれちゃって、そういうのって親の育て方一つなんですよね。
この宇宙人(?)の7ちゃん。見たことがあるようなないような。
動物チックで可愛いような可愛くないような、微妙なキャラクターなのに、なんだか憎めない。
まるでドラえもんのようなヤツでした。
たぶん、チャウ・シンチーもそういうアニメが好きで多少パクっているところもあるんだろうななんて思いながら、ごみ箱をあさる姿に子供い対する愛情を見せていただきました。
前夜、フレディー・ハイモア少年の作品をみて号泣してしまったので、そこまで入り込むことはできなかったのですが、感動させられることも沢山詰め込まれていて、子供と一緒でなくても大人同士でも受け入れられる作品にできていました。
バカバカしく笑ってほんのりと愛情を感じて眼がしらに熱いものすら感じるいい作品だったと思いました。
★★★★★★★☆☆☆
[PR]
by chikat2183 | 2008-06-05 23:33 | 映画2008 | Comments(6)
Commented by KGR at 2008-06-20 11:23 x
なかなか面白かったです。

あの、道具をわんさか出すところは「ドラえもん」へのオマージュらしいです。
最後は電池交換するのかと思ってました。
Commented by chikat2183 at 2008-06-20 23:22
※KGRさま
やっぱりドラえもんのオマージュなんですか?
ラスト、たくさん出てきて可愛かったです。
子供たちが女の子が多かったって驚きましたね。
Commented by まてぃ at 2008-06-21 08:20 x
chikatさん、こんにちは。
この作品は、なんか一昔前の香港コメディみたいなほんわかムードで楽しめました。
主人公は知ってたけど、それ以外の子供たちの男の子と女の子の入れ替えは後で知ってびっくりしました。えぇって感じですよね。
Commented by chikat2183 at 2008-06-22 11:43
※まてぃさま
そうなんですよね、男の子と女の子がほとんど入れ替わってて驚きました。
あの大きな女の子もプロレスラーだそうですね。
シンチーマジックでとても楽しめました。
Commented by きらら at 2008-06-30 09:01 x
楽しかったですー。
そして私はこちらでワンワン泣いてしまいました☆フレディ君のではまったく泣けなかったの。。。
ナナちゃんキャラグッズが欲しい!なんて思っちゃった☆
ナナちゃん以外にも人物キャラがとても良かったです♪
Commented by chikat2183 at 2008-06-30 23:51
※ きらら さま
色々な要素が詰め込まれていて面白かったです。
単なるドタバタでもなくファンタジーでもSFでもない、よくできてるなあと思いました。
少林サッカーよりこっちの方が好きかも。

フレディくん泣けなかったですか?
私もどうして泣いたか不思議ですもの。
音楽効果なのかなあ…。