てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

「蟲師」

「蟲師」なかのZEROホールで鑑賞
d0020834_2302847.jpg

原作のコミックは読んだことがありません。帰ってきてから公式HPを覗いてみました。何だー,1度みただけで理解しちゃいけないんだ。何度もみることによってその大友ワールドに浸っていくことのできる作品らしいです。安心しました。
大友監督のアニメーションは「メトロポリス」「スチームボーイ」をみた事があります。どちらもファンタジーの王道。そんな大友監督が実写でコミックを映像化する。それだけで既にわかるようなわからないような。蟲というのがまずわからないといけません。後から知ったこと昆虫じゃないんだ!虫でなく霊でなくもののけでなく蟲。蟲師とはそんな蟲を見極める特殊な才能を持った人物。そこからもうわかるわけの無い世界があるのです。どちらかと言うとダークな世界だと思います。時代は100年前明治の終わりか大正の始まり。「電気がもうあんなところまで来ている」というセリフを聞いてもちっとも把握することのできない時代でした。でもそう聞くと何となくわかったような気もしますが,オダギリジョー演じるギンコの服装がいつの頃のものをイメージしているのか全然わからなくて,あ,ファンタジーだしで片付けてしまいました。その中途半端な服装と白髪の髪型から,ゲゲゲの鬼太郎をイメージしてしまいました。通じるところがあると思うのですが。大友監督のこだわりか,あれ?と思うところに霊のように文字の蟲がはいずります。初め錯覚かと思ったけど故意に入れていたんですね。蒼井優ちゃんが出てからはもう文字の蟲との戦いです。踊るように文字の蟲を捕まえる蒼井優ちゃんは品があってキレイ。江角サンは汚い役なのによく出演したな,と思いました。昆虫は出ないですが虫の嫌いな人は見ないほうがいいかもしれません。VFXを駆使した映像の世界,不思議な感覚を体感してください。原作読んだほうが受け入れやすいかも。知らないとそうとうきつい世界です。私はどう受け止めて良いか迷ってました。
[PR]
by chikat2183 | 2007-03-14 22:38 | 映画2007 | Comments(6)
Commented by こまったちゃん。 at 2007-03-16 00:30 x
先日は試写状をいただきありがとうございました。
試写会に行った彼女は原作に思い入れがありすぎて、脚本と演出には不満だったもようです。
でもオダギリジョーはOKなんだって。

私は彼女から1巻だけ借りて読んだだけ。
で、映画はとても楽しめました。
蒼井優ちゃんステキでしたねー。
レトロっぽい着物がよくお似合いでした。

原作を知りすぎてても楽しめないのかもしれませんねー。
原作ものの難しいところです。
上記のことがあったので、感想を返信できませんでした。
ごめんなさいm(__)m

Commented by chikat2183 at 2007-03-17 10:02
※こまったちゃん。さま
1巻だけでもわかるんだ!
オダギリジョーは確かに雰囲気ありますね。
わからないのに2時間追えはちょっと辛かったけど、根本的な蟲と蟲師が理解できないとダメだったのねー。
オダギリジョーと蒼井優の関係がわからなかったのが敗因?
Commented by あんぱんち at 2007-03-24 19:57 x
(^-^)/ドモ
10回観ても理解できそうにありません(爆)
何度睡魔が襲ったことか・・・

「ゲゲゲの鬼太郎」楽しみですね(ぇ
Commented by chikat2183 at 2007-03-25 00:57
※ あんぱんち さま
ギンコが鬼太郎にみえてからは、もうそっちの世界だと思いこみと勘違い。
ホント、ウエンツ鬼太郎楽しみです。
Commented by miyukichi at 2007-10-21 15:38 x
 こんにちは♪
 TBどうもありがとうございました。

 原作読んでない者(私もです)にとっては、
 ストーリーがえらくわかりづらかったですね^^;;
 映像はよかったと思いましたが。
Commented by chikat2183 at 2007-10-22 00:00
※miyukichi さま
コミック読むとストーリーわかるのかしらね。
でもこの作品は映像を見るようにつくられている庸でしたね。
蟲の動く様が今でも印象に残っています。