てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

「リトル・ミス・サンシャイン」

「リトル・ミス・サンシャイン」シネクイントで鑑賞

『人生は勝ち馬か負け犬』すべてがこのどちらかに当てはまるということからこの一家の悲劇が訪れます。そして最終的には『子は鎹』
余談ではありますが、ディープ・インパクトはもって生まれたものすべてが勝ち馬なので、努力したからといってここまでぶっちぎりで他の馬に勝つことができるわけではなく、スタッフに恵まれたり、この花道を飾って引退したり生きてることがすでに勝っていると思いました。運命的な勝ちってあるんですよね。
それに比べて、私の人生は何よ!と思うわけです。なんかこの家族にえらく共感しちゃって、面白い!という言葉では表せなくなってしまったのでした。自分と対比して考えても自分がそこまで真剣になって生きてきたことはないけれども、やっぱり何をやっても裏目に出てしまう。それって普通のことなんだと実感しました。思想のことがキャラ付けでちょっと出てくるんだけれども、そういうことはあまりわからない。基本的に、両親、兄、妹、おじいちゃん、そしてたぶんパパのお兄さん。この6人で繰り広げる珍道中。笑わそうとして作ったとも思えないし、出来たらこうなっちゃった、って感じがするのです。それぞれが個性豊かで面白い。トニ・コレットのお母さん役はあまりにも普通でおかしかったりします。結構ブラックな笑いが盛りだくさん。おんぼろの黄色いワーゲンのミニバスを押しながら飛び乗る家族が印象的。テーマパークのアトラクションみたい。気をつけて、ちゃんと乗れよー!!って応援したくなります。
[PR]
by chikat2183 | 2006-12-24 22:56 | 映画2006 | Comments(16)
Commented by april_foop at 2006-12-26 03:14
これ、たまらなく良かったです。2006年も終わり間近に、今年のベスト5に入る作品でした。
撮る側もさることながら、劇中の彼らはいたって大マジメ。笑わせるためにやってるんじゃなく、ただただ自分と家族を信じてたところが最高に愛らしかったです。普段いがみあってても、ピンチの時は盲目的にすがってしまう、そんな家族という関係性に感激しました。
Commented by chikat2183 at 2006-12-26 18:38
april_foopさま
これって親ばかですよね。
オリーヴちゃんのセクシー下手ダンスがかわいかった。
あれとポルノ雑誌でPG12ってのも考え物でしたね。
Commented by まてぃ at 2006-12-27 23:21 x
本当に大満足で、くすくす笑いの起こる映画でした。自動車に飛び乗るところはやっぱり応援したくなりますよね。ミニバスが主役!
Commented by chikat2183 at 2006-12-29 00:01
まてぃ さま
おもしろかったですね。
短くまとまっているのが無駄がなくてよかったのかも。
でも子供のミスコンすごいですね。
日本の美少女ナントカとも少し違うんですね。
ジョンベネちゃん思い出しました。
Commented by りんたろう at 2006-12-30 19:39 x
こんばんわ☆
コメントありがとうございます♪
「勝ち組、負け組っていったいなんだろう?」と考えさせられ、観終わった後は心が暖かくなり幸せな気持ちになる作品でした(^-^)
Commented by chikat2183 at 2006-12-30 23:10
りんたろうさま
自分で思う勝ち負けと他人からみた勝ち負けってやっぱり違うんですよね。
どうして生き方に勝ち負けつけるのか不思議に思いました。
今年最後に名作に出会えた満足感がありました。
Commented by 風情♪ at 2007-01-06 12:01 x
明けましてオメデトウです。
今年も見捨てずに遊んでやってくださいね♪

>笑わそうとして作ったとも思えないし、出来たらこうなっちゃった、
 って感じがする
同感です!!全然わざとらしさが無かったですよね~。
T・コレットの所帯じみたヤツれ具合にヒステリックなところに結構、
心掴まれました。でも普通であることがこんなに浮いた存在になって
しまう集団ってぇのもスゴイですよね♪ (゚▽゚)v
Commented by chikat2183 at 2007-01-06 23:11
風情♪さま
主婦の経験がある人なんか共感する人がいると思います。
毎日チキンなんて…自分よりひどい人がいるって絶対に思っているともいますよ。
全員どこにでもいる人ですものね。
Commented by CINECHAN at 2007-01-07 12:49 x
こんにちは。「敬愛なる~」でのコメントありがとうございました。
まあ私もTBのみなのでそんなに気にせず、お互い気軽にブログ運営していきましょう。
本年もよろしくお願いします。

本作はブラックなユーモアがあって、なかなか面白い作品でした。おじいちゃんがあんなことになるなんて本当にブラックだなぁ。更にダンス前のオリーブの一言。笑ってしまいました。
Commented by mezzotint at 2007-01-08 00:25 x
今晩は☆TB・コメントどうもですm(__)m家族のキャラも面白く・・・・。もちろんお話も!きっとありそうな家族だから良かったのだと思います。しかしミスコンの女の子たちの大人顔負けの姿には何か気持悪かった(>_<)
Commented by chikat2183 at 2007-01-08 01:27
CINECHAN さま
コメントありがとうございます。
日本は医師の診断と役所への届出必要ですよね。
アメリカって住所のないところにおいていっちゃっていいんですね。
あれじゃあどこに埋葬されるんだろうって心配になりました。
でも、まず葬儀屋っていう慌て方も判る気がしました。
面白かったです。
Commented by chikat2183 at 2007-01-08 01:29
mezzotint さま
ミスコンの子供たち、本当にコンテストに出場するような子たちらしいですね。
ジョンベネちゃん事件の映像を思い出してしまったのは私だけではないですよね。
現実なんですね。
Commented by tomozo at 2008-01-19 08:43 x
ほんと、ブラックな笑いがたくさんでしたね〜。「勝ち組負け組」とか、カンタンに2種類に分けてしまう昨今の考え方はあまり好きじゃないんだけど、実際分けられちゃうかも知れなくたって、別にいっかぁ〜って思わせられる映画でした!
Commented by chikat2183 at 2008-01-22 23:15
※tomozo さま
私、どこまで行っても負け組みっぽいわ。
人生長いけど成功したためしがないんです。
なにか一発あてたいですね…。
Commented by デイヴィッド・ギルモア at 2008-12-20 23:15 x
こんばんは、いつもありがとうございます。

そうですね、この映画のトニ・コレットの母親役、あまりにもフツーすぎて印象に残りましたよね。

では、またよろしくです!!

Commented by chikat2183 at 2008-12-25 21:34
※デイヴィッド・ギルモアさま
こんばんは
お返事遅くなりました。

トニ・コレットはこの前後に「イン・ハー・シューズ」があって全く違う役だったので特に印象が残りました。