てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

「オープン・シーズン」日本語吹き替え版

「オープン・シーズン」日本語吹き替え版 ヤクルトホールで鑑賞
d0020834_21553425.jpg

ソニーピクチャーズがディズニー、ドリームワークスに続きCGアニメを手がけた第一作目。といって、ストーリーも画像も目新しいという感じは全くありません。キャラクターもストーリーもなんというか二番煎じという感じです。(三番?)ただその分誰でも無難に見ることができるさくひんといえると思います。確かに毛並みは触りたいほど美しいと思うけど最近のCGアニメみんなきれいだし、このままの状態でしばらく行くのかなあ。ただいつも思うんだけどアメリカのCGアニメって動物は結構可愛いと思うけど人間が可愛くないのよね。主人公の一員であるベスなんてもっと可愛いきゃらで描いてあげてもよかったと思います。
簡単に言えば人間のペットとして可愛がられていた熊のブーグを自然に返し、熊が実際に生活できるかどうかというストーリー。山に戻るとすぐに狩猟解禁日を迎えることになり、動物たちと人間との戦いが始まります。あとは小さなエピソードをたくさんちりばめて作られています。子供たち(年齢は低い)がたくさん会場に来ていましたが、そんな小さな子供たちがげらげら笑っていられるような作品。ということは子供向けにできているということのようです。まして、今日は日本語吹き替え版だったので子供たちにもわかりやすかったのだと思います。
主人公の熊のブーグには石塚英彦、相棒の鹿エリオットには八嶋智人、ブーグの育ての親ベスは木村佳乃が担当。テンション高めで聞きやすかったです。そのほかパフィーとかケミストリーとか声優を担当。主題歌もケミストリーが担当。ケミストリーの曲って子供が簡単に受けいれられるような曲?みていて普通に面白かったけれどといって何も残るものもないしそんな作品でした。★★★☆☆
[PR]
by chikat2183 | 2006-11-15 21:55 | 映画2006 | Comments(6)
Commented by masala at 2006-11-16 22:52 x
chikatさん、こんばんはmasalaと申します。
 昨日は武道館で「硫黄島からの手紙」の試写会があったのですね、私もテレビを見て知りました。どうも子供と連れの親しかいなかったわけですね。
 今後とも、宜しくお願いします。
Commented by chikat2183 at 2006-11-17 08:45
masalaさま
コメントありがとうございます。
親と子供ですが、私は武道館での映画は嫌いなので行きたくなかったです。
その日のプレミアしかなければ別ですが、他に何度もあるようなので一般の会場のほうがいいと思っています。
ゲストも監督以外は日本人ばかりだし、外国の超スーパースターが来るのならちょっとは考えたけれどもちょっとね。
わたしの個人的なランキングでは武道館は最低なので、多分そう考えている人も少なくないはずです。
Commented by Aki. at 2007-03-27 05:43 x
こんばんは~♪いつもお世話になってます♪
仰る通り、良い意味でも悪い意味でも無難な作品でしたね^^
もう少し大人が楽しめるところがあっても良かったかなぁ~と思ったりも・・・
洪水のシーンだけは凄く出来が良くて、かなり力入りました(^^ゞ

ではでは~、TBさせて頂きましたので♪
これからもよろしくお願いします♪
Commented by chikat2183 at 2007-03-27 21:54
※ Aki.さま
最近のアニメは画像がきれいなのにストーリーがひとつ抜け出てこないのがちょっと残念な気がします。
誰にでも受け入れられることがアニメの最低条件なのかもしれませんけどね。
Commented by タウム at 2007-11-26 01:06 x
アニメということでピクサー作品とどうしても比べしまって、見劣りしましたが、ブーグやエリオットのキャラクターもかわいらしかったし、見所も満載で楽しめました。
Commented by chikat2183 at 2007-11-26 22:05
※タウムさま
CGアニメ作品は一作ごとに技術進化がみられて楽しいし、内容も善悪がはっきりしているのがいいと思います。
お正月作品が楽しみですね。