てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

「椿山課長の七日間」

「椿山課長の七日間」有楽町朝日ホールで鑑賞
d0020834_729652.jpg

予想外に涙が流れました。号泣とは行きませんが、会場内全体的に結構きてました。こういう作品だと思っていなかったのです。浅田次郎原作ということは知っていましたが、西田敏行の浜ちゃんのイメージがどうしても取れないのでそんな作風かなと思っていましたが、この西田氏演じる椿山課長はデパート勤務ですぐ亡くなってしまうので画面の中で存在があまり邪魔をしていないのです。感情はナレーションでしていますが、姿が伊東美咲さんなのでキャスティングの妙というべきでしょうか。ファンタジーとコメディーと人間ドラマが程よく調和されていたようです。子役さんたちも含め出演者も上手い俳優さんが多く割と豪華ですが大きな作品に作っていないのでバランスとセンスのよさが感じられました。
テーマは死。死後の世界=あの世があるという設定からあの世に永住してもよし、抹消されるもよし。そして初七日までの間の3日間だけ、人間の世界へ戻れるのです。それも整然の自分と正反対の人間となって現世へと戻ってきます。そして、その代償に必ず知りたくないことまでも知らされてしまいます。まず、伊東美咲の苦労がとても感じられます。姿は美女でも中身は中年のオヤジ。歩き方とか座り方とか態度や動作のひとつずつは笑えるんだけれども、多分、そういうことは誰も経験していないのでどういう風にしていいのかわからなかったのだと思います。そこは監督さんの指導次第ということになりますが、演技に手探り感が見られます。それはいいとして、私が個人的に一番よかったと思うのは余貴美子さん。何気ない台詞回しでも何でも存在そのものがなんかほっとさせてくれます。そして須賀健太君。彼今回もが泣かせます。印象に残るおかしなシーンもたくさんあるし、見た目よりも血のつながりを深く感じるシーンもあるし、癒し系とは言わないまでもそれに近い作品であると思います。
生きているときに、友人や家族が自分のことをどう思っていたかを知ったとき、知らなくてもよかった家族の秘密を知ったとき、自分だったらどうするだろうなんて珍しく考えちゃったりして。あの世では争いもなく、生前のお疲れ様という意味でゆっくり過ごしてほしいって天使の和久井映見ちゃんが言っていましたが、逆に悩みが増えそうだなんて思いました。ドラえもんのポケットみたいなカバンがおかしい。それと絶対にアドリブなのですが最後に椿山氏が天使に握手うを求めるシーン、和久井映見ちゃんちょっとびっくりしたみたいな顔してたけど。おかしかった。
なにか見たいときに楽しめる1本だと思います。最近こういうほんわかした作品が好きです。★★★★☆
[PR]
by chikat2183 | 2006-11-10 23:56 | 映画2006 | Comments(8)
Commented by ムッシュ・いけふくろう at 2006-11-19 00:31 x
トラックバックさせていただきました。
また、折り返し、トラックバックしていただき、ありがとうございました。

私は、今日の初日舞台挨拶を見てきました。
個人的には、西田敏行さんのファンなので、最高でした。

映画は試写会に次いで、2回目の鑑賞でしたが、大いに笑い、大いに泣けました!

また、初日舞台挨拶の記事もトラックバックさせていただきます!
Commented by chikat2183 at 2006-11-19 23:47
ムッシュ・いけふくろう さま
TB、コメントありがとうございます。
この作品とても気に入られたみたいですね。
めちゃめちゃ感動というのではないのに何気に出てくる涙は何なのでしょう。
自然に涙の流れてくる暖かい作品が私も好きです。
Commented by あんぱんち at 2006-11-20 01:03 x
(^-^)/ドモ
笑いに、涙に、伊東美咲の演技と予想外の嵐で参りました。
和久井映見に握手を求めるシーンは、多分アドリブだと思います。
「THE有頂天ホテル」の現場でもアドリブしまくりで毎回違うことしてましたから(笑)
Commented by chikat2183 at 2006-11-20 09:19
あんぱんちさま
伊東美咲の作品は何本かみましたが、どれもぱっとしないのできれいなのにもったいないと思っていたんです。
ドラマ向きの女優さんなんだなーって。
でもこういう吹っ切ってコメディーとかやって切れるとうれしいですよね。
お笑いの人がコメディーやるよりきれいな人のコメディーって親しみがわいて好きです!
Commented by ケント at 2006-11-23 20:30 x
ケントです。TBお邪魔します。
久し振りに面白い邦画を観ました。伊藤美咲は、「海猫」のときのよりもずっと良かったですね。彼女は以外とコメディアン向けなのかもしれませんよ。
とにかく僕も良く泣きました。
Commented by chikat2183 at 2006-11-24 00:55
ケント さま
「海猫」は好きではありません。
キャスティングがどうも変だと思うんですけど…。
伊東美咲どうもあの状況にしっくりこないですよね。
森田監督どうしてああなっちゃったんだろう。

一番印象に残っているのがエレベーターのキスシーンなんですけど、今思い出してもおかしいです!
Commented by タウム at 2007-11-10 14:36 x
作品全体としては、イマイチという感想ですが後半は泣きまくりでした。
Commented by chikat2183 at 2007-11-10 22:27
※タウムさま
原作も知らなかったし、西田さんなのでどうしても笑いが多いかと思い、泣く展開とは思っていませんでした。
でも気持ちよく泣けるお話だったと思います。