てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

「花よりもなほ」

「花よりもなほ」ル・テアトル銀座で鑑賞

是枝監督のオリジナル脚本で描かれた時代劇。今回は限りなくネタバレ。父の仇討ちに執念を持つ若武士が江戸貧乏長屋で暮らすうちにそこで暮らす人々との交流の末、仇討ちにどういう意味があるのかを悟っていく。登場人物が多すぎて少しわかりにくいところはありましたが、長屋の人々などはお笑い芸人さんが中心で物凄いキャラクターを持っているので吉本新喜劇を見ている(すみません、見たことありませんが、そんな感じだろうなと思います。)ような錯覚に陥ります。登場人物が多いけどちゃんとみんな役柄がしっかりしていて誰も欠かす事の出来ない登場人物になっています。それにしても豪華な出演者たち。こんなところにこんな人が、出てくる人物を理解する事が楽しくなってきます。まわりがとてつもなく動いているので主演の岡田君は物凄く静かです。セリフも他の人に比べれば物凄く少ないと思うし、必要な事しか話さない。どうもあの貧乏長屋の住人としては浮いてしまっている感じの岡田君とりえちゃん。見た目もきれいだし、物静か。なのに彼らもものすごく長屋を愛しているのが解りました。司会の方が言っていましたが9.11の事件の後に報復に意味はないという強いメッセージをこめて是枝監督が自ら脚本を書いたといっていました。なるほど。と思います。今の自分の生活を愛し、まわりの人々と協力し合えば何でもできちゃうよ。報復して人を殺すことに喜びはない。ということだそうです。ここ、見る前につかんでおくのと知らないでいくのとでは監督からのメッセージの受け止め方がだいぶ変わってくると思います。仇討をしようとしている岡田君演じる宗左はものすごく剣も弱いし、育ちが良くて普通の人。仇討の相手を演じるのは浅野忠信。この人がまたいい人で結局仲良くなっちゃったりして。実際には誰も人を殺すことが無かったのでこれも長屋の人情劇としたかった監督の考え方なのでしょう。木村祐一飛び跳ねてます。恐ろしく汚いです。でも一番印象に残っているのは何でだろう。★★★☆☆

付け足し  お土産いっぱいいただきました。派遣のniscomさんから。トーとバッグみたいなのでしょ、ボールペンでしょ、企業キャラクターの釈ちゃんのクリアファイルとメモ帳とマウスパッド。普通はどれか1点が多いのに、大判振る舞い!ありがとうございました。
[PR]
by chikat2183 | 2006-05-24 23:06 | 映画2006 | Comments(10)
Commented by そーれ at 2006-06-04 00:33 x
なるほど!9.11がらみのメッセージが込められていたんですね。
それを知ってこの映画を思い返すと全然印象が変わりました。
「仇討ちはなぁ、儲かるんだぁ」っていう台詞なんてもの凄い皮肉ですよね。
もう一回観たくなってきました。
Commented by chikat2183 at 2006-06-04 21:42
そーれさま
ホントになるほど!なんですよ。
私も知らなかったらコメディー時代劇という受け止め方しかできていなかったと思います。
知ってみてすべてなるほど!ってうなづきました。
Commented by しず at 2006-06-04 22:30 x
はじめまして。TBさせていただきました。
この映画はただのエンターテイメントとしても楽しめると思いますし、
その裏に込められたメッセージとかが分かると
もっと深く楽しむことができますよね。
見逃している部分もまだまだあると思うので、また観てみたいと思ってます。
Commented by chikat2183 at 2006-06-06 08:20
しずさま
TB、コメントありがとうございます。
岡田君のほワーーーんとした雰囲気が良かったです。
是枝監督は必ず裏があるらしいので奥が深いこと理解するともっと楽しめるらしいです。
私は余り奥が読めないのでダメなんですが…。
Commented by 千幻薫 at 2006-06-09 09:07 x
9.11へのメッセージが含まれていたとは知らなかった~。
この映画の見方が変わりますね。
Commented by chikat2183 at 2006-06-12 11:33
千幻薫 さま
9.11=日本の政府への批判もあるのですね。
そんなメッセージがほかの作品にも隠されているというのでほかの作品も見てみたくなりました。
Commented by パフィン at 2006-06-18 15:21 x
chikatさま、こんにちわ。岡田くん目当てで観にいきましたが、他の俳優さんたちが
お上手で、群像劇を見ている感じでした。でも、岡田くんとりえちゃんが並ぶと
はきだめに鶴!の美しいアップ。リズム感のある良い時代劇でしたね。
Commented by chikat2183 at 2006-06-20 14:21
パフィンさま
>はきだめに鶴!
まさに100%の表現方法ですね。
他の俳優さんの役が汚らしいし、そんな感じの場面やセリフがたくさんありましたものね。
岡田君大人になってきれいになりましたね。普通の高校生だったのに。
りえちゃんも近所のパン屋さんに1週間に1度現われるらしいので1度みてみたい。
Commented by はな at 2007-04-12 19:44 x
はじめまして、はなと申します。
TBありがとうございました!
9.11を抱える世界への思いをこめて書かれた脚本だと知らされると、なるほどな、と思うし、それを知らなくても今の自分のありのままの生を愛したいというメッセージが暖かい映画ですね。
誰も死なない(赤穂浪士は切腹してしまったけど…)、みんなハッピーエンド、なのが後味良かったです。

またお邪魔しますね!

Commented by chikat2183 at 2007-04-13 00:44
※はなさま
コメント、TBありがとうございます。
情けない岡田君の姿が思い出されます。
人情ものはハッピーエンドがいいですね!
エンターテインメントとして後まで重くのしかからない作品が基本的に私は好きです。
またよろしくお願いします。