てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

「プライドと偏見」

「プライドと偏見」 新宿明治安田生命ホールで鑑賞

元気のいい、キーラ・ナイトレイを見たばかりなので、中世の令嬢役はまたいつもの楚々としたキーラなのかと思えば、田舎のお嬢チャンであって、自分の意見がしっかりとしている芯のあるお嬢さん役でした。原作も知らないし、製作サイドがどうのとちょっとは小耳に挟んだような気もしたけど、全くの先入観なし。ラブストーリーとはきいていたけど、ラブストーリーというよりはドラマです。ロンドン郊外の田舎の5姉妹を中心にその家族と縁あってその家族を取り巻く人たちのお話。冒頭よりこの時代の女性たちは何故お金持ちの男とたとえ愛がなくても結婚を望むのかと思ったら、財産の相続権と言うものをもっていないのです。親も金持ちの娘と男性との結婚を望むのです。冒頭の舞踏会のシーンから「オトコ、オトコ…」といっているこの姉妹たちは後からわかったけど田舎育ちの品のなさの象徴だったのです。お互い身分の違う恋愛でどうやってのりきるか、身分の違い=貧富の差=考え方の違いそして噂、そんなところから気持ちのずれや偏見が生まれてくるのです。キーラ・ナイトレイは元気もいいし、頭もいいし、なおかつ美しく、この女性が男性に好かれないわけがないような素敵な女性。父親役のドナルド・サザーランドは白髪が見慣れないというか、父親役にはあっているけど私はイマイチでした。今までにいい仕事をみているだけに少々残念。しかし、圧巻はジュディー・ディンチ。適役というか、この役は他にやっる人いないでしょう。相手役のダーシー卿を演じるマシュー・マクファディンは殆ど知らない人です。「エニグマ」にでていたらしいけど、全く記憶にありません。こういうきっかけで出てくるとたぶん次のときはわかります。キーラ・ナイトレイの表情の動きが上手です。笑い顔、泣き顔、ちょっとせつない感じなど。「ドミノ」よりもいいと思います。スートーリーにもすっかりはまっていたし、字幕が多いので橋田ドラマみたいに台詞で説明しているので眠くなる余裕もなく、最後にハッピーエンドがほっとさせてくれます。美しい英国の景色と豪華ではないけれどシンプルで美しい衣装が素敵です。ラブストーリーの嫌いな男性でも見ることが出来る作品です。号泣はしませんがほろっとするような場面も数箇所あり、楽しめました。★★★★☆
[PR]
by chikat2183 | 2005-12-07 22:59 | Comments(6)
Commented by futaba0611 at 2006-01-15 00:05
こんにちは。
これは原作を読んでなくても充分楽しめる映画でしたよね。
きれいなラブストーリー&ドラマでした。
心がきれいになるきがします。
Commented by chikat2183 at 2006-01-15 23:19
futaba0611さま
女性も1本筋を通さないとって思います。
流れに乗っているだけじゃあいけませんね。
キレイな景色は癒されますね。
Commented by パフィン at 2006-01-24 23:45 x
chikatさま、ご無沙汰しました。この映画はイギリス映画の観客層を広げるような脚色で楽しめました!★4に同感です。
格調高すぎると眠くなるんですよね~~。
Commented by chikat2183 at 2006-01-25 23:23
パフィンさま
コメント有難うございます。まだ行かないのかな?と思ってました。
エンタメ作品としての要素をとりいれたところが受け入れやすいしわかりやすかったのでしょうね。
格調高い=眠い わかります。
私も自分の理解の範囲を超えたらだめですよ。
Commented by tomozo at 2006-02-04 09:50 x
ジュディー・ディンチ、圧倒的な迫力がありましたね〜。たくさんの人物が出てくるので、私なんかあらすじ入力するのが面倒になっちゃったけど、それぞれがイキイキと描かれてましたよね。私はなんといってもイギリスの風景に圧倒されました♪
Commented by chikat2183 at 2006-02-05 00:39
tomozoさま
お久しぶり! 本当にすばらしい景色でした。
わたしはヨーロッパ方面には行ったことが無いのでこういった画像で楽しむしかないのです。
しかしながら、明らかにアジアとかリゾートの風景とは違って落ち着きと風格がありますよね。
そして、この風景にマッチしすぎのジュディ・ディンチ画面から怒って飛び出してきそうな勢いでしたね。