てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

ELLE KOREA 7月号 チャンソン インタビュー和訳②

前の記事はこちら
ELLE KOREA

Q:以前のインタビューで”認められたいという欲が大きい”といったことを思いだします。
  <ウクシナムチョンギ>で任された覚悟はどんなでしたか?

A:社会人の哀歌を描いたドラマじゃないですか。
  まじめな面で胸が痛くなる話の中でナム・ボンギがムードメーカーだったでしょう。
  ニートだけれど男女主人公たちが難関に突き当たるたびに解決者としての役割だったんですが、
  これは最高にうまくやらなければならないという気持ちばかりありました。
  結果的に悪くはなかったということだったようです。
  この作品をやる前にスケジュールが暇だったからゆるゆるとのんびりした気持ちで過ごしたことが助けになりました。

★”잉여 백수” =잉여も백수 も失業者という意味で新しい言葉です。
  
Q: 図々しくうすらとぼけて、まことしやかで憎めないキャラクターがぴったりと合った笑いのような気がしました。
 それで演技をしたのではなく普段の本人の姿を見せてくれたのではないかとの反応もありました。


A:それもまたほめていただいたこととして受け止めますよ。
 なぜならばナム・ボンギと私は違った性格の人間だからです。
 私はコミカルな要素が混ざっているキャラクターの方向感覚があるようです。
 ユン・サンヒョン先輩とは映画<ダイナマイトファミリー>でも一緒にやりました。
 その時もコミカルな演技をしましたが<ウクシナムチョンギ>の撮影に入る前に先輩が
 「チャンソンは今回も上手にやるだろう」
 とおっしゃってくださったんですよ。
 「ロマンチックコメディ物も1度やってみなさい」ともおっしゃられて。


Q:気になりますね。どんなキャラクターが似合うかしら?
 
A:ロマンチックコメディをやってみたこともないし、時折1回ずつ見るほどのジャンルでよくわからないです。
 ほかでは一人でかっこよくばっちりと成し遂げるけど彼女の前ではあきれるほどにバカでうぶな男?
 面白く演技できると思います。

★찌질하다=インターネットの中の造語で”あきれるほどのバカなやつ”という意味から最近はさらに変化して찌질찌질하다となりいい加減な奴という意味でつかわれている。まだ辞書には出てないようです。

Q:何をするにしても”面白さ”が気分の前提ではないですか?

A:自ら面白さを感じなければいけません。 
 食堂でメニューを選ぶとき”おいしいかな?”と悩むことと同じです。
 選択基準が単純だから決定も早いです。
 ”面白そうに見えますね。やりますよ!”

Q:それで打率はどうですか?

A:興業結果がはなはだしく良かったということはなかったけれどフィルモグラフィーは恥ずかしくないくらいです。

Q:一人で暮らし始めて1年ほど過ぎたと聞きました。一人で生活する楽しさにどっぷりはまっていますか?

A:初めて独立して生活するということではなくてこの時間を楽しんでいます。
 その前まで宿舎生活を長い間していたけれど、全然寂しくはないです。
 もともと一人暮らしの生活に対しての渇き(=欲望)がありました。
 両親が聞いたら残念がるだろうけれど中学生の時から独立して住みたかったんです。
 干渉なく独断的な選択をして自ら何かを築いていきたいという欲求があるようです。

 
Q:心理学の勉強を3年ほどしたんですって? 
 そんなことも楽しみで始めたのですか?

A:私にはもともと無駄な考えが多いんです。
 特別ではない問題も深く受け入れました。
 それが問題になってしまうんです。
 ことごとに”あの人はなぜそうなのか?” ”なぜそんな状況が生まれるのか?”
 理由と答えを探すけれど一人で悩むから私だけが大変なことになってしまいます。
 それで心理学の教授に会って会話も交えて勉強もしました。
 著者たちがこの単語をなぜ書くのか、この文章はどんな意味を持っているのかなどを考えながら勉強して本を読みました。
 そうしながら人々に対しての理解度が高まって複雑な考えも整理できました。
 今は誰かの言葉や行動が快く理解できなくても”何か事情があるんだな”という考えが横切っていきます。

Q:もしかして誰かのように生きたいという考えを持つこともあるのかしら

A:さあね。
 誰かが成功してお金をどれくらい稼いだとかそんな話を聞くと羨ましいことはうらやましいけれどその人のようになりたいとは思いません。
 お金が多くても幸せは保証されません。
 願い事は築くとみんな成功のために注いだ情熱が消えるということだと思います。
 私もお金をたくさん稼ぎたいです。
 しかし仕事に対した情熱を失ったら寂しいと思います。

Q:今、仕事に面白さを感じさせてくれる一番大きな要素は?

A:好奇心です。
 私は気になることが多い人間です。
 新しいことがあれば知りたいです。
 前に言ったように人々を観察して理解しようとしました。
 そんな性向が私の仕事をすることにとって良い点だと思います。
 分析と経験を基に間にかを創作して表現できるからです。
 それはもっぱら私だけの表現とキャラクターです。
 ほかの俳優が同じ役割をしたとしても私がやったことと同じことはできないです。
 だからこの仕事がさらに面白く感じられます。

Q:演技者ファン・チャンソンに関した話をしていましたが”2PMのチャンソン”の事も話しましょう。
 2PMの歌の中には直接作詞した曲もありますが歌詞は着実に書いていますか?

A:ためてきているものも少しあります。
 最近準備中のアルバムのために2曲書きましたが全部突き返されてしまったけれど。
 2PMのアルバムだからバラードを書いていったのに…

Q:2PMの色はいったい何かしら?

A:デビューの時から”野獣アイドル”だと多く呼ばれたじゃないですか。
 そうして来たら野獣的で猪突的な感じなんだってぴたりとうまく説明できません。
 女性が見たときにしっかりとして頼られたいと思いながら同じように男性が見てもかっこいいと認められるグループとしてずっと残れればいいですね。

Q:来る8月所属社JYPアーティストたちが総出動するJYPNコンサートが開かれます。
 2PMは所属社の中でどんな位置なんですか?

A:最古参でしょう。
 だから良い先例として残らなければなりません。
 後輩たちが活動するのに楽な環境を作ってあげるために会社に要求しなければならないことは要求します。

Q:じゃあ韓国歌謡界で2PMはどんな存在なのですか?国家代表…?

A:国家代表かですって?
 私はそう思います。
 最近も日本で2PMコンサートツアーもやってきました。
 ジュノ、ウヨン、Jun.K兄さんは日本でソロアルバム活動を並行したりもしています。
 これほど活動しているアイドルグループはあまり多くはありません。
 この中でも2PMは古参格です。
 東方神起、BIGBANGの兄さんたちを除いてです。
 あ、少女時代もいるね。
 

 
 
 


[PR]
by chikat2183 | 2016-06-28 12:03 | 2PM翻訳記事2016 | Comments(0)