てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

나를 잊지마라요 (私を忘れないで)

2016年1月 韓国旅行記 2日目ー2

カフェを出て向ったところは鍾路3街 CGVピカデリー
今回の旅の私の個人的なメイン目的となってしまった映画鑑賞です。
韓国は早朝割引がありますので映画は朝見るもの!
いつものように夜中とか見ていてはいけません。
それでも以前早朝で見たときはw5000だったけれど、w6000になってました。
作品は何としてでも見たかった「私を忘れないで」
Daum 映画紹介はこちら
d0020834_11223271.jpg
チョン・ウソン×キム・ハヌル
このビッグな俳優二人によるメロ作品です。
たまたま1週間前が封切りで前の週にはソウル市内の舞台挨拶があったのですが、運が良ければ今週も…ということでしたが3日前に2週目の舞台挨拶が発表になりましたが水原で日曜日のみのイベントになったので見ることができませんでした。
『記憶がなくした男と記憶をなくしたい女』のラブストーリーと聞いていましたが、そんな単純な話ではなかった。
ウソンさんが独立して個人事務所を立ち上げてもう数年になりますが、個人事務所になった理由はかねてからの将来の夢である監督業に向けての活動のためでした。
今回、この映画の制作権をもって自分が主演することになりました。
おそらく「神の一手」あたりでスタッフとして活動していたこの女性のイ・ユンジョン監督を育てるために協力しようという考えからこの作品が出来上がりました。
監督として一人前にするために、自分やその他の大物の俳優さんが出演することによって話題となれば次の作品でもまた名前が覚えてもらえるために協力を惜しまない…ということなのですが。
たぶん、制作も主演も自分ということでギャラ的にはほとんどないんじゃないかと思います。
そしてわかったのはこの「私を忘れないで」は女性側から見た言葉で
このチラシのコピー「あなたにも消したい記憶がありますか?」も女性に向けての言葉。
ラブストーリーといっても結構重たい事実を含んでいるのでキム・ハヌルさんのセリフや演技に注目する必要があります。
この二人のいろんな意味でのラブラブ度はそういうことなのか…って涙が出ます。
記憶を失ってる男性よりも記憶が残っている女性の方がつらいだろうからそういう意味で涙が出ます。
でもね、ウソンさん本当に素敵ですよ。
たぶん、これはストーリーを明かしてはいけないんだと思います。
日本でも公開されるといいなあ。
されても1年はかかるんでしょうね。
d0020834_10373205.jpg



Daumのあらすじ

처음 본 여자가 나를 보고 울었다
初めて会った女性が僕を見て泣いた
교통사고 후, 지난 10년의 기억이 지워진 남자 ‘석원’(정우성). 친구, 가족, 심지어 본인이 어떤 사람인지조차 흐릿해진 석원은 병원에서 우연히 자신을 보며 눈물을 흘리는 낯선 여자 ‘진영’(김하늘)을 만난다. 그녀에 대해 잘 알진 못하지만 진영과 함께하며 새로운 행복을 느끼는 석원.
交通事故後、今までの10年間の記憶が消された男’ソクウォン’(チョン・ウソン)
友達、家族、さらには本人がどんな人なのかもわからないソクウォンは病院で偶然に自分を見て涙を流す女性’ジニョン’(キム・ハヌル)と会う。
彼女に対して良くわからないけれどジニョンと一緒にいると新たな幸せを感じるソクウォン。

그 사람

기억이 전부 돌아오면 그래도 날 찾을까?
その人
記憶が全部戻ってもそれでも僕を探すだろうか?

스마트폰에 놀라고, 김연아, 류현진도 모르는 남자와 사랑에 빠진 진영. 10년 전 과거에 머물러 있는 그와의 시간이 소중하고 행복하다. 하지만 시간이 멈춘 것 같은 행복함도 잠시, 석원에게 조금씩 과거의 기억이 되살아나고 지금의 행복이 깨어질까 두려운 진영은 흔들리기 시작하는데…
スマートフォンに驚き、キム・ヨナ(スケート)、リュ・ヒョンジン(プロ野球)も知らない男と恋に落ちたジニョン。
10年前の過去にとどまっている彼との時間が重要で幸せだ。
しかし時間が止まるような幸せもつかの間、ソクウォンに少しずつ過去の記憶がよみがえり今の幸せが壊れることを恐れたジニョンは揺れ始めるが…

기억을 찾고 싶은 남자와 기억을 감추고 싶은 여자
2016 감성멜로 <나를 잊지 말아요>

記憶を探したい男と記憶を隠したい女



そんなに派手な作品ではないですが、面白かったです。

そしてここの劇場で翌日夕方舞台挨拶がありますのでそのチケットも予約。



[PR]
by chikat2183 | 2016-02-08 12:14 | 旅行2016 | Comments(0)