てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

HIGH CUT VOL.126 COVER STORY

この画像がいつあがるかわからないので自分で撮った写真ですみません。
上手にスキャンできたら差し替えます。


6人全員が集まった”完全体2PM”は本当に久しぶりだ。
どんな画を作ってくれるのか。
‘元祖野獣アイドルというニックネームにふさわしい男の中の男のグラビア?’
2PM時間は逆に進む。
‘あまくてかわいいスイートガイ?’
‘英国紳士も唸るジェントルマン?’
しかし考えてみると何やらと力をいっぱいくれた”個人的な”写真作業はよくやったけれど気楽で穏やかなイメージを強調したグラビアはそれほど多くなかったようだ。
そう、我々が知っている2PMは舞台ではカリスマあふれるが平常時は柔らかくやさしい男たち。
自分のものであるようで自分のものではなく僕のことのような君のことだ。
幸運にグラビアの主人公たちもコンセプトとスタイルが気に入ったようだ。
久しぶりに(個人的には5年ぶりだ)会った2PMは一層落ち着いて大人になった。

ウヨンは順番を待ちながら静かに本を読み、Jun.Kはイヤホンを差し込み音楽を聴くことに熱中した。
ドラマ撮影スケジュールに追われているテギョンは不足した眠りを合間合間に補充し、チャンソンは自分の写真を慎重にモニターした。
また最近愛を告白したのか?ニックンは準備された洋服を注意深くみてファッションに大きな関心を見せた。
しかしその姿がフェロモンを吹き出し熱気旺盛だった以前よりももっとかっこよく見える理由は何か。
黙っていても女性の胸をときめかすいつの間にか2PMが本当の男になったということなのだ。

d0020834_163545.jpg

[PR]
by chikat2183 | 2014-05-22 16:34 | 2PM翻訳記事 | Comments(0)