てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

「本当にいい時代」オク・テギョン、憎めない過激男…演技もうまい

「本当にいい時代」オク・テギョン、憎めない過激男…演技もうまい
元記事はこちら
d0020834_8373295.jpg

オク・テギョンが憎めない過激男のイメージで任された役割を完璧にこなしている。
方言演技もやはりぎこちなさがないという評だ。

オク・テギョンは去る2日放送されたNBS 2TV「本当にいい時代」を通し過激で温かい魅力を同時に見せた。
カッとする性格だが家族に向けた切ない心がそのまま現れて憎めないキャラクターを作り出した。

オク・テギョンが熱演中のカン・ドンヒは家族に対した愛がこの上ないが、好き嫌いが強いため自分の(好きな)人でない人に冷たいことが限りない。
このひもやはりドンヒは姉であるドンオク(キム・ジホ扮)をけがさせたへウォン(キム・ヒソン扮)を捕まえに行き火のように怒った。

ドンヒはトイレに隠れたへウォンを威嚇し「この女!出て来ないのか!姉さんをこうして怪我させて大丈夫だと思ってるのか!」と頭ごなしに言いこめた。
すぐにでもドアを壊してしまいそうなドンヒは燃え上がる目つきを見せ強烈な印象を残した。

この日ドンヒは怪我したドンオクを誰もいない家へ(つれて)行き詳しく対話を交わして守護天使に扮した。
ドンヒは7歳の知能のドンオクとかわいく言葉をとりかわし優しい姿を見せ過激な姿とはまた違った魅力を広げて見せた。

オク・テギョンはカンドンヒの役割を通し演技に対し新しい評を受けている。
難しい慶尚道慶州の方言を問題なく消化していることはもちろん過激で優しい姿を同時に見せている多様なイメージを見せているため。

加えて分別のないキャラクターらしく多少過激なアクションシーンもやはり自然に演技して没入度を高めるのに大きく功を奏している。

オク・テギョンは去る2010年ドラマ「シンデレラのお姉さん」で演技をはじめいつの間にか5年目演技に挑戦中だ。
歌手と演技者の道を成功的にこなしている彼がこれから「本当にいい時代」を通し又どんな好演を展開するか期待を集める。
[PR]
by chikat2183 | 2014-03-03 09:37 | 2PM翻訳記事 | Comments(0)