てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

アイドル出身'演技ドル'、いつ'演技者'になったの?

アイドル出身'演技ドル'、いつ'演技者'になったの?
元記事はこちら

然る間アイドル出身の演技挑戦がきれいに見えなかった。
舞台で走り回っていた幼いアイドルが繊細な感情演技をするということが簡単ではないからである。
だからなのか、過去の演技ドルは、作品では甘草、カメオのような助演にとどまる場合が多かった。
そうでないもてもアイドル出身という理由によってあらゆる非難を飲み込まなければならなかった。

しかし、今は少し変わった姿だ。
演技を少しする'演技ドル'ではなく、本物の「演技者」として安着した事例が目立っている。
特有の色彩でドラマで欠かせない自分だけの領域を構築しながら、主演の座を自分のものにし、これらはスター性、演技力を加え、活動の舞台を広げている。


※감초/甘草の意味
「甘草のように欠かすことができない」「どこにでもでしゃばる」という意味から
甘草は漢方薬ではだいたいどの処方にも入るもので、特に重要ではないが、なくてはならないものだ。
ということらしいです。


バロー新人俳優だと思ったラッパー、6歳の演技まで?
d0020834_9444382.jpg

人気裏に終映したtvNドラマ「応答せよ1994 」でピングレ役を引き受け演技者としての真の面目を見せてくれたその俳優。
B1A4のラッパーバロ(チャ・ソヌ)だ。
映画「未生(ミセン)」で初演技をみせたた後、半年ぶりに重たさがある場所を獲得した彼は、特有のかわいい外見と味のある方言で、視聴者たちに目につくように振舞った。

舞台で激しくラップをする歌手のバロと小心で静かだったピングレの姿は確実に異なっていた。その上に視聴者の間では、「<応答せよ1994>に出てくるピングレが新人俳優だと思っっていた」という反応もある。

一方、バロは、以前の演技ドルに挑戦できず新しい領域に挑戦する。
来る3月放映予定のSBSドラマ「神の贈り物-14日>で精神年齢6才のヨンギュ役をつとめるようだ。
バロは、昨年SBS演技大賞受賞者のイ·ボヨンと一緒に14日間殺人魔を追跡する物語で大きな比重を占めるものと思われる。


最強チャンミン - 80万のファン層を導いたアイドル、今は演技者として
d0020834_10201974.jpg

来る21日放映予定のMnetドラマ「ミミ」で主演ハン·ミヌ役を引き受けた東方神起の最強チャンミンは、18歳ミヌと28歳ミヌを同時に演じる1人2役を消化する。
以前にも<パラダイス牧場> <アテナ>などに出演して演技活動を広げたりはしたが、大して成功した作品はなかったせいだからかな?
演技者としての最強チャンミンよりは演技するアイドルのイメージが強かった。

しかし、彼はすでに主演俳優として5作品を消化したベテラン俳優だ。
映画「黄金を抱いて飛べ」(2012)で、モモの役割を自然に消化して、日本映画批評家大賞新人賞(2013)、日本放送映画芸術大賞優秀新人賞を相次いで受賞しながら演技力を公認されたことがある。
最強チャンミンの主演俳優としての役割が目立つようにになると予想される<ミミ>の成功するかどうかは、彼の完璧な演技者変身の一番重要な要だ。


オク・テギョン - 大物俳優らと肩を並べる
d0020834_12124367.jpg

▲オクテギョン、「激しい男に変身」18日午後、ソウル論峴洞のあるホテルで開かれたKBS2TV週末連続ドラマ「本当に良い時代」の制作発表会で、カン·ドンヒ役の俳優オクテギョンがフォトタイムを持っている。 「本当に良い時代」は、貧しい18歳の少年だった一人の男が検事という職業を持った立派な大人になり、15年ぶりに故郷に帰ってくることになった話を始まりとして、家族の価値と愛の偉大さ、隣人の大切さと人間の温かさを盛り込んだドラマだ。 2月22日午後7時55分、土曜日初放送。

2PMメンバーオク·テギョンはKBSドラマ「シンデレラのお姉さん」( 2010 )で主演ハン·ジョンウ役を引き受けながら成功的な演技者デビュー戦を果たした。
以後「ドリームハイ」( 2011 )でスジ、キム·スヒョンと一緒にドラマの興行を成功させながら、彼の演技に対した関心は高まった。

オク・テギョンは、 2012年の「専門家達が評価した演技ドル達10人の演技力」調査で、 「粗いなまりがむしろ、適切のイメージを浮彫りにして好感度を高めた」と、好評を受けパク·ユチョン、ユナ、ユイの後に続いて4位を記録もした。
(この調査では、 MBCドラマ局PD、ゴン・フイジョンドラマ評論家などが参加した。 )

一方、オク·テギョンはKBS 2TV週末ドラマ「王家の家族たち」の後続作「本当に良い時代」の出演を控えている。
彼が扮したカン·ドンヒ役は、一緒に出演した俳優イ·ソジンが「若かったら、僕が欲しがっただろう」と言うほどに魅力的なキャラクターだ。
オク・テギョンがイ·ソジン、キム·ヒソン、リュ·スンスなど名優らと肩を並べながら、ドラマで、自分の領域を忠実に構築することができるか期待される。


イ・ホンギ - やっとTVで主演の座を獲得
d0020834_15261065.jpg

FTアイランドのボーカルで独特のハスキーなボイスで愛されたイ·ホンギは実際子役俳優出身だ。
彼は2002年に13歳で「マジック キッド マスリ」で端役俳優として出演した。
以後、 2004年EBSドラマ「カンスン」 「君の爪の先に光が残っていて 」で演技活動を継続している途中、 2007年FTアイランドでデビューしながら、歌手イ·ホンギとして名を知らしめた。

そんな中、 2009年SBSドラマ「美男ですね」で、ジェルミを演じながら甘草の役割を多く遂行したりもした。
長い間の演技経歴もこれといった代表作がなかったイ·ホンギは、初めてTVの主演の座を獲りした。

来る22日放映予定のTV朝鮮ドラマ「百年の新婦」でやつれた財閥2世チェ・ガンス役を務めるようだ。 「百年の新婦」は「ファンタジーメロー'という特異なジャンルをみせ注目を集めている。 19日製作発表会でイ·ホンギが「今回の作品がターニングポイントになるだろう」と言ったほどに「百年の花嫁」のワントップ主演としての役割は際立つことと予想される。
[PR]
by chikat2183 | 2014-02-21 10:35 | 2PM翻訳記事 | Comments(0)