てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

[インタビュー]オク·テギョン「めっちゃかわいいイ·ヨニに倦怠感じる男がいますか?」

元記事はこちら
[인터뷰] 옥택연 "너무 예쁜 이연희에 권태 느낄 남자 있을까"
翻訳を転載する場合はリンク先をお知らせください
d0020834_16242692.jpg

ヘアムースを利用してきちんと軽くなでてあげた髪、ネクタイにチョッキまで几帳面に整えて着たスーツ姿が印象的だった。

映画「結婚前夜」で初スクリーン挑戦に出たオク・テギョン(25)が最大限の礼儀を備えた装いに韓国アイドットコムとのインタビューに出た姿を見ると映画というジャンルに対する彼の心構えが感じられる。

男性グループ2PMとして6年間活動してきながら「引き裂きテギョン」など男性美を極大化させたパフォーマンスで得られた別称から子供の頃、ボストン留学当時、多様なクラブ活動と英語、中国語、日本語、スペイン語など4つの外国語の流暢な実力ために生まれた「ボストン オムチナ」という別名もオク・テギョンを説明してくれる修飾語だ。
d0020834_16403888.jpg

ドラマ「シンデレラのお姉さん」(2010)で俳優デビューに成功的な第一歩を撮った彼がtvNドラマ「フーアーユー」に続き、「結婚前夜」で俳優というタイトルに一歩近づいた。

「真っ最中の日本活動中に、所属事務所のピョ·ジョンロク副社長にシノプシスをもらいました。話自体が面白く読ませました。映画は初挑戦なので、私が引き受けたウォンチョル役も負担が大きくなくて良かったです。最初から4組のカップル中の1カップルで私たちカップルはその上に三角関係だったので、劇中の比重が私にだけ集まっていることはできない状況だったんです。」

「結婚前夜」が観客に披露する前、広報マーケティング初期、映画に登場する4組のカップルの中で最も若く、みずみずしいオク·テギョンとイ·ヨニのカップルに焦点がたくさん合わされていたほど、実際映画が公開された後、映画の中でオク・テギョンが演技したウォンチョルの比重が期待ほど高くないことに対して、彼のファンからみたふさがった反応があったことも事実だ。

「すべてを知って始めたので、その部分について大きな物足りなさはありません。むしろ、撮影前にはウォンチョルとソミが深刻な倦怠期だったので撮影をして関係が、それよりは良かった。オムニバス形式の作品で、体があまりほぐれない感じもあり、分量が少ないほど表現する時間が短くて惜しいが満足度は高いです。ウォンチョル役をベーシックによく消化したと思います。100点満点で70点くらいあげたいですね」(笑)
d0020834_17204685.jpg

長くなった恋人役で呼吸を築いたイ·ヨニとは、同じ88年生まれで特別な努力もなく、楽に親しくなることができた。あるインタビューでイ·ヨニがそれに対して「海外公演と撮影を並行して疲れていそうなのにいつも肯定のエネルギーがあふれていた」という事実を伝えよう 「撮影自体が面白くて明るく過ごすことができました。いつもの明るさだけの人ではないが、今回現場では、より楽しく過ごそうとした」と言う。

「イ·ヨニさんこそとても明るくてよかったです。なにしろきれいで可愛らしい人でした。役割上イ·ヨニさんに退屈さを感じさせなければならないのに、むしろそのような演技がもっと大変だったんです。劇中ソミがバックハグをしてくれる場面で面倒くさがらなけらばならないのに実際はイ·ヨニがバックハグするのを好まない人がどこにいるだろうか。性格もとても気さくで人を楽にしてくれるスタイルです。お互いに頼りながら楽しく撮影しました。」

劇中ウォンチョルとソミが7年目のカップルであるだけに倦怠期を経験する内容が主として描かれていたものの、やはり長い付き合いで楽なカップルであるだけに一緒にベッドで寝転がる姿や厨房で愛を交わす姿なども表現しなければならなかった。特に厨房ラブシーンの場合、相当数の10代のファンを擁する二人が表現するにはかなり濃度の濃いシーンで負担はなかったのか尋ねた。

「イジュンが”俳優は俳優だ”でもっとすごいシーンも撮ったから、私は差し支えないって事にしてください(笑)。シーン自体がきれいな表現になりました。監督が元来神経を沢山使ってくださってまた、二人の悲しい感情も込められている場面でした。総3回ほど撮影しましたたが、事前準備なしで現場感を最大限活かしました。2PMももう中堅アイドルという声を聞いているのでファン達がキスシーン程度は無難に理解してくれるんじゃないでしょうか。」
d0020834_19432936.jpg

2008年アイドルグループ2PMでデビューし、歌手として、また俳優として生きてきながら、彼には惟獨挑戦の時が多かった。 6人のメンバーの中で俳優挑戦も、ソロ活動やデュエット活動も彼に最一番最初の機会が与えられた。挑戦の機会が与えられるたびにオク・テギョンは、仲間たちに申し訳ない気持ちよりもむしろ負担が大きかったと言った。

「アイドルグループのメンバーとして生きていきながら、善意の競争がないといえば嘘でしょう。常に競争はあります。しかし、その競争が ”君がこれをよくするならば僕も努力してみようか”というふうだ。各自よく活動してグループの名前を高めようという気持ちが大きいです。でも同僚よりは、家族のような関係です。いつも私が先に新たな挑戦をすることになったが、私が成功すれば次の打者も出場できる、「絶対失敗してはいけない」という気持ちで臨まなければなりませんでした。」

子供の頃両親と一緒にアメリカのボストンへ移住し普通の米国の学生たちに勝るとも劣らない多様なクラブ活動と学業に熱中して学窓時代を過ごしたせいで、ファンは彼に 'オムチナ'という特別な呼称を付け与えた。時には、その呼称が常に模範的に生きなければならないという負担も与えるが人生を肯定的に向かい合うことになる源泉として作用することもある。

「アメリカ生活当時、両親二人とも事業をしていて、いつも姉と一緒に過ごしたようです。そうしてみたら、外国語を学ぶことも、クラブ活動ももっと熱心にするようになったんでしょう。オムチナというニックネームは、両親がとても好きです。その表現自体が、私が悪い行動をしないようにする原動力になってくれます。幼い時は芸能人になるという考えは全くしたことがありません。初めてJYPオーディションを見たとき、モデルの分野で支援をし会社では、初めにアクロバティックな訓練だけをさせてくれてすぐに歌手デビューをするようにしてくれました。」
d0020834_2014874.jpg

「結婚前夜」が121万観客を動員し大衆の好評一色の反応を得た間オク・テギョンはイ·ギョンヒ作家の新作ドラマ「本当に良い時代」の準備の真っ最中だ。毎回、地上波の視聴率1-2位を争うプライムタイム·イン·週末ドラマであるだけに彼に向かう期待感も残酷な批判ももっと大きくなることは自明のことだ。本格的な俳優の道を歩くことは、この間試したどんな挑戦よりも険しいいばらの道になることもあるだろうという質問を用心深く話しかけた。

「初めての演技に挑戦したときよりも評価がもっと冷酷だろうとは思いません。演技デビュー初盤には、アイドル出身という先入観がとても強すぎて手痛い話をたくさん聞いたんです。この間活動しながら、多くの痛みを経験しました。ファン達にアルバムのボイコットもされたし、記者会見場に(反対意見を持つ)約1000余名が陣をしいていたこともあります。2009年には、スケジュールがあまりにも多くて15日間、横になって寝たことがなかったこともあります。数回の大変な瞬間を経験してみると鍛練になったと言うべきでしょうか。芸能人として生きて行くならばきつい面は誰にでも生じることだと思う。今はとにかく一生懸命走る準備ができています。前後見ないで走るんでしょう。勝敗に左右されるより勝率を高めることがもっと重要だからです。」
[PR]
by chikat2183 | 2014-01-07 20:16 | 2PM翻訳記事 | Comments(2)
Commented by lunch at 2014-01-09 00:23 x
새해 복 많이 많이 받으세요.
올해도 잘 부탁드립니다.
こんばんは、お元気そうでなによりです~^^v
今年も2Pmにますますつっぱしって行くのでしょうか・・・・・・。
また遊びましょうね~♡
Commented by chikat2183 at 2014-01-09 21:17
※lunchさま

새해 복 많이 많이 많이 많이 받으세요!!

너무 오랜만이네,사치코씨도 잘 지내지?
나는 히로코씨와 함께 올해도 ”2PM”간다.
이미 그만 둔다고 생각 했었는데 못한다.
불원간 식사하고 만나요.
사치코씨 보고 싶나.