てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

テギョン 優しいキャラクターにぞっこん、一気に や…野獣アイドルは忘れてください

出所はこちら
d0020834_2494051.jpg

■ "結婚前夜 'でスクリーンデビューしたオク·テギョン

倦怠期の長年の恋人...心が広い調理師で出演

"アイドルの忠武路(映画界)進出、両刃の剣を携えているが実力で克服しなければなりません

恋愛はいつするかだって?急にちょっと悲しくなりますね"

ぼそぼそと話を交していた。相手はコーディネートとヘアスタイリストなどだった。人気お笑い番組"ギャグコンサート"のコーナーの中の生意気な歌手とはまったく違った。椅子に身を埋めて煩わしいというように傲慢な言葉を投げるどころか、立った姿勢で同じ年頃の友人にいろいろ話しかけていた。そのありふれたスター意識は探すのが大変だった。

19日午前、ソウル三清洞のあるカフェで人気のアイドルグループ2PMのメンバーテギョン( 25 )に会った。彼は生涯初の映画"結婚前夜 ' (監督ホン·ジヨン)が公開( 21日· 15歳以上観覧可)を控えている。ポスターを装飾する人物としては出演分量が多くない彼は映画のすべてのことを背負ったように誠実に質問に応じた。激烈なダンスと男性美あふれる外見で'野獣アイドル'という別名を得た彼は、真剣ドル"と呼ばれるのがもっと合当するようだった。
d0020834_250918.jpg

長年の恋人として出てくるイ·ヨニとの映画の中の一場面。

"結婚前夜"は、結婚を目前に控えた4カップルの事由を糸巻きにしてこの時代の若者たちの愛と結婚の話を解く。結婚という新しい人生の枠の中に入る前で尻込みして相手を疑う男女達を通し笑いと同感をさそう。オク・テギョンは他の男と突発的な恋に落ちる女性ソミ(イ·ヨニ)の婚約者ウォンチョルを演技した。結婚前に揺れる長年の恋人を寛大な目つきで眺める、どうしようもなく、やさしい調理師だ。舞台の上での野性的なアイドル歌手の姿とはまったく距離が遠い。

"シナリオの中配役がぴったりで気に入った"とは、彼は出演の意図を努めて隠さなかった。 "舞台の上での野獣アイドルのイメージを演技にまで強しいて見せてあげくなかった"ということが最初の映画で"結婚前夜"を選択した理由だ。彼は"映画のシステムに慣れていない撮影期間ずっと困惑した。大画面で自分の姿を見ると物足りなさと感激もした"とし、スクリーンデビュー式を執り行う感想を伝えた。紅潮した彼の顔には初めての酒で満腹にすることができでしょうかという自問と次を約束する勝負欲をちらつかせた。

歌や映画を超える抱負を明かすこともした。 "作曲と作詞、映画演出と舞台演出など、エンターテイメントすべての分野を渉猟したい"と言った。 "多方面で人々を楽しませなければならない真のエンターテイナーではないか"は反問を添えた。この真剣な欲張りは覇気あふれる人生の目標を提唱しながらも"ミュージカルは、発声と響きが普通の歌とは違う。挑戦したいが怯えも出る"とも言った。

今まさに演技人生を始めた彼は"アイドルグループ出身俳優は両刃の剣を握った状態"と比喩した。アイドルグループの人気を背に負って、もう少したやすく俳優入門が可能だけれど、その人気が演技生活では毒になることもあるという意味だった。彼は"そんな状況は、結局めいめいがが克服しなければならない。演技が上手で、 (出身背景がただ強点として作用する)一枚刃の刀に変えたい"と言った。アイドルグループ出身の相次ぐ忠武路への進出については"善意の競争になったら良いなあ"と希望した。

2PMは最近日本で大きな人気を受けながら、彼は"仕事をする楽しみにはまっている。 "再充電をする暇もない彼に恋愛する時間はあるかと尋ねた。つくり笑いをし唾を誤って飲み込んだ彼は激しく咳をした。続いて苦笑いと一緒に出てきた言葉。 "ちょっと悲しくなりますね。いきなり... "

アイドルグループの賞味期限は、相対的に短い。 2PMも例外ではないだろう。彼は"アイドルグループの寿命は通常5年だというが僕等はその時期を越えた。10年後には時々楽しくアルバムを出しながら各自の道を行くことができるようだ"と言った。この青年はかなり成熟だ。
[PR]
by chikat2183 | 2013-11-21 02:54 | 2PM翻訳記事 | Comments(0)