てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

ソン・ジウンJYPJ理事の記事を読む

今朝 HOTTESTさんたちの間を駆け巡ったこのネット記事。
翻訳機をかけたり、和訳されたものを読んだりしないで、誰の力も借りずに自分一人で読んでみました。
翻訳機は正しい訳が出てくることはほぼないので、誰かが訳してくれた物の方が読みやすいですが、それでも納得のいく和訳ができてるものはネットの中にはあまりありません。
昨日、スジ先生と「これ読みます!」と断言した記事とは違うものになってしまいましたが、日頃のスジ先生のご指導の成果が出ればいいのですが…。
このところ、日本語と韓国語の表現の違いにかなり苦労しているのですが、なるべく日本語に近くなるようにしてみたいと思いました。
元記事はこれ
http://news.jtbc.co.kr/article/article.aspx?news_id=NB10308048

JYPジャパン ソンジウン理事『大地震にも公演…約束を守る』

2PMは日本市場で一番急成長を見せているグループだ。去る2月日本で発売した2番目の正規アルバム”レジェンド オブ 2PM”は1週間で5万余上の販売高を突破しオリコン週間アルバムチャート1位に上がった。
去る4月には日本の歌手たちにも”夢の舞台”であると称される東京ドームに入城した。
入城という表現は韓国ではよく使う表現ですけど日本ではあまり使いませんね。敵の城を落とすという意味で、日本語にすると同じような意味の言葉が見つかりません。
日本デビュー2年半だけで成し遂げた結果だ。公演成果もすごかった。2日にわたり開かれた公演チケットはソールドアウトだった。チケット販売だけで200億ウォンに達した。韓流ブームは終わったという声が日本現地でたくさん聞かれる状況で新しいK-POPスターが誕生したという点で注目に値する。
2PM日本成功の主役としてあげられるJYPエンタテインメントジャパンのソン・ジウン理事に2PMというホットなブランドをどのように日本市場に成功的にランチングさせたのかその戦略を聞いた。

Q 2PMが日本でデビューして進出した過程が気になります。

実際、会社では日本進出に関心が全くなかった。日本から初めに2PMにラブコールが来た。日本市場で韓国男性グループがよくなるだろうという展望の時期だった。当時日本の有名なレコード会社から東方神起の次走者として注目した2PMの舞台を確認しに韓国まで来た。以後、内部的な目先に日本で2PMに対しニーズがあると判断し準備を始めた。最初に現地に自社を作り着々とデビューを準備した。

Q 日本では野獣アイドルのイメージが馴染んでいなかったのですが

日本では草食系男子が人気で、みんな野獣アイドルのイメージがよくないという考えだった。うちの会社も同様だった。ところが日本のレコード会社で2PMの韓国活動をみて、先に電話が来ていてそのままの姿を見せるのが正しいと結論を出した。反応は期待以上だった。また、1度見て敵がいない色の違う姿に現地ファンたちが熱く反応した。ハンサムで健康な体格を持ったグループが音楽性まですぐれていると市場で高い評価を得た。

Q 初盤広報はどこに焦点を置いたか

初めからアジアナンバーワンパフォーマンスグループとアジアナンバーワン野獣アイドルを前に置いてきた。日本東京両国国技館で初ショウケースを異例的に大きな規模でやった。1回で終わると考えていたがファンたちの要請で2回を追加、総3回に及ぶショウケースをやった。毎回約8000名の観客でいっぱいになった。以後同年5月に初デビューシングルを出した。日本人たちの情緒を考慮してアニメーション主題歌(漫画 青のエクソシスト のテイクオフ)を歌い功を奏した。
両国国技館 양국국기관 という表記になってますけど양국は「りょうこく」でこの場合は固有名詞(地名)なので료고쿠じゃないとまずいと思うんだけど,記者さんが書いた記事だからいいか?

Q JYPだけの差別化したマーケティング戦略は?
 
日本ではコンサートでなければアーティストを実体としてみることができない。しかし2PMはファンたちと近くで接触できる機会をしばしば準備した。ファンたちとの共感の為だった。シングルが発売されるたびにハイタッチ会を開いた。シングルを売る商業的戦略だという誤解もあるが事実ハイタッチ会がアルバム発売量に大きく影響を及ぼすことはなかった。2PMはファン達の間では「近くで見られる王子様」とよばれた。また広報のため2010年より3年連続、朝日、読売等現地主要新聞に全面広告を出した。
2011年大地震で日本の雰囲気が良くなく、K-POP歌手たちが続々と公演を中止するとき2PMは日本全国を周るZeppツアーを進行した。その時も紙面広告をした。「2PMは皆さんとの約束を守るため皆さんを訪ねていきます。皆さんの顔にまた笑顔が作られるように努力します。」と公演を予定通りするという事実を大々的に知らせた。当時ファンたちも公演を通し慰労をもらってうれしかった、約束を守るアーティストのイメージが生まれた。

Q 日本活動をするとき一番重点を置く部分は?

2PMのいるそのままの姿を見せながら同時に現地化をした。韓国から初公開する2PMの音楽を日本情緒に合う色彩の音楽を同時に追求した。日本では楽器音が多く入るダイナミックな編曲を選好する。韓国でヒットした歌を日本で発表するとき日本スタイルの音楽構成で編曲する方式だ。

Q 今後2PMの日本内計画は?

日本進出をしながら3年計画を立てていたがデビュー2年半だけで全部成し遂げた。オリコンチャート1位、ゴールデンディスク賞受賞、東京ドーム公演などの可視的な目標は既に全部成し遂げた。東京ドーム公演は実際3年プランの最終地点だった。2015年まで2PMのスケジュールとプランはもう決められている。それを一つ一つ成し遂げていく計画だ。そのうちにメンバー ジュノが日本でソロミニアルバムを出す予定で多様な構成のコンサートを準備中だ。

d0020834_20502861.jpg


経歴
最終学歴 梨花女子大学 MBA卒業
略歴    2006年~2008年 YGエンタテインメント
       2008年JYPエンタテインメント入社
       2010年10月~ 現在JYPエンタテインメント日本支社 在職


この方がソン・ジウンさん
あのシャネンさんなんですって。
ライブの途中でメンバーが「シャネンサーーーン」って叫んでることありますよね。
32歳で理事ってすごいですね。
梨花女子大卒 才色兼備ばかりですね。
[PR]
by chikat2183 | 2013-07-12 18:10 | 語学 | Comments(2)
Commented by kotono-har at 2013-07-15 10:09
この方がしゃねんさんだったって知りませんでした!
美人で若くて頭がよい方なんですね。
2015年まで、ファンも応援し続けなければなりませんね〜。
Commented by chikat2183 at 2013-07-18 18:06
※ kotono-har さま

びっくりですよね。
あのシャネンさん!!
シャネンさんは若いだろうと思ってましたけど、まさか理事だとは…。
若さをもらうためにはファン頑張らないとね。(笑)
お金が続かないかも…(泣)