てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

2PMとハイタッチ!!

リリースイベントアップしたので、勢いでハイタッチも書いちゃいます。
d0020834_21314380.jpg

私のところにたった一人やってきたウヨンさんは、恐ろしく評判が悪く、全くというほど交換してもらえる力を持ちあわせていませんでした。
これは、ウヨン本人がハイタッチの時に「冷たい」「やる気がない」という悪評があるかららしいけど詳しいことは知りません。
一緒にいた、ウヨンファンの方が「最弱?」ってショック受けてた。
ウヨン自体は人気あるのに、ファンサービスの評判が悪いとこうなっちゃうのね。
しかし、私としてはどうしてもテギョンとハイタッチしたいので、どうにかしようと思ってました。
娘の会社の同僚に一人ウヨンファンがいて娘が「お母さんのウヨンと誰かを交換して」と頼んでくれたらしいのですが、ウヨンの穴開きカードもってきてくれるならテギョンさんあげます。
ということになって、我が家へテギョンさん来てくれることになったんです。
お礼がウヨンさんなのでウヨンさんともハイタッチすることになりました。
そしてぎりぎりに到着したニックンさん。
従妹の友人が行けないからって廻してくれたもの。
CD追加で買うことなく、3枚のカードが手元に来てました。
ニックン、この子がまた力がなくて…。
「CD1枚買ったらニックンが入ってた!」って喜んでた中学生は入口までお母さんと一緒でお母さんに「すみませんが中まで入れないのでよろしくお願いします。」なんて言われてしまった。
そんな子もいるのに、久しぶりなのに、なんで人気ないんだよ!
(Beautifulのハイタッチの時はいたんですよね)
って聞いたらやっぱりファンサービスがよくないって。
今回のハイタッチが当たった確率は30%10枚買って3枚当たりだったんだとか。
それで結局私は誰とも交換しないままこの3人とハイタッチすることにしました。
なんという、大人の選択!(という考え方もあるでしょう)

早起きして10時にパシフィコについて、さっさと並んだんですけど…12:30開始ですよ。
前日も1日並んでまたまた…。
その間にしっかり作戦を立てる。
作戦は1疲れる前のウヨン。2、空いてるニックン(実は空いてなかったんだけど)3、最後にテギョン様。
けがしてるテギョンとジュノには「ソフトハイタッチ」という指令が出てましたが、何じゃそれ?
1番ウヨンっていうのはウヨンが真ん中ってこともあって挨拶にステージに並んだ時見やすいから」だって。(友人論)
この作戦は大成功でウヨンは始まって早々なのでご機嫌。
ウヨンスマイルで一人ずつに「39」って言ってました。
数時間後にウヨンのスマイルはすでに消えたそうです。(オイ!)
ウヨンのブースからは隣のジュノが見えるんですけど、かわいい…。
ニックンはキラキラ王子さまで一人ずつ優しく「はい」と声かけて、ここのブースからは隣のJun.Kがみえるんだけど、すっごいかっこいい!って叫んだら、逆向きに変わっちゃって姿が見えなくなっちゃいました。
左手ハイタッチを右手にしたんですね。
彼の場合、疲れると向きかえるらしいけどすこぶる評判はよろしいのですよ。
ジュンブラのカードはオークションで10000円以下では買えないって。(汗)
テギョン様は左手が使えないのでみんなとは逆向きでした。
最初挨拶のあとメガネかけたみたいだったけど2回ブースの中覗き込んだときはもう普通でした。
ソフトハイタッチが何だかわからなかったけど、テギョンは待っててくれて向こうから「イェイ!」ってみんなの手を押すようにタッチしてくれました。
私のテギョン様、健在!!
並んでいるときに顔はずっとみてるけど、本人の目の前に行くと顔は見えないもんだね。
顔は以前と買わらずめっちゃ小さくてなんでこれでニックンより大きく見えるんだと新たに疑問。
CD20枚買って7枚カード持ち込んだ友人はテギョン2回と全員とやったとかやらないとか。 (一応テクペンですけど)
結局チャンソンは最初の挨拶の時ステージ上で見ただけでしたが、ま、いいか。

並びながら世の中にはいろんな人がいるなあって感心してました。
もちろん、今回に始まったことではないってこともわかってるんですよ。
1回ハイタッチして物足りなくてCD買いに走る人とか、あきらめずに交換願いしてる人とか、1:2の交換をしろという人とか、トランプのように何十枚もカードもってる人とか。
日本は平和だなあってすっごく感じましたよ。
そうやってCDがガンガン売れて行って、完売した時には、こういう商法ってすごいよなあって思った。
ファンにとってはカードを抜かれたCDって何の価値もなく、CD売る会社にすればホクホクだし、代理店であるタワレコだってホクホクでしょ?
K-POPの売り方はずっとこうだっていうけど、なんかなあ、辛いよね。
だけど、これが需要と供給なんだって認識もした。
お金はあった方が勝ちって知ってるけど、なんかなんかなんかどうなんだよ。
カード沢山持ってるってことをうらやましいとも思わない。
一体それは自分がハイタッチしたいために買ってるのか、CDの売り上げ枚数増やすために買ってるのか、何十枚だか百枚単位だかわからないけど、ほかにお金の使い道あると思うけど、それでみんなが幸せって思うならそれでもいいと思った。
そして、メンバーの若い男の子たちが自分より年上のお姉さまやおばちゃんたちとハイタッチし続けて、彼らも辛いだろうなあって心底思った。
帰りの東横線に一人乗って(友人は最後まで居続けたと思う)前日に引き続きなんかむなしささえ感じたのでした。
でもいいや、やっぱり仕事と割り切ってハイタッチしてくれるメンバーの顔見て幸せって感じる人が沢山いるってことは、いいことジャン!(ここは横浜)

とはいえですね、ハイタッチ券3枚、イベント券2枚 計5枚のカードを手に入れた私すごくない?
これたぶんCD10枚買っても入ってないと思うよ。
一応買った枚数は片手以下です。
[PR]
by chikat2183 | 2012-11-25 22:05 | ART/イベント | Comments(0)